審議会について

市では平成12年12月25日施行された阿南市公共下水道事業受益者負担金等
審議会条例に基づき、受益者負担金等審議会を平成13年3月から5回にわたって会議を開催し、成14年4月に答申に至りました。(下記のとおり)

 

審議会は、受益者の代表者5人、学識経験者5人、市議会の議員5人、行政機関の職員5人の合計20人で構成されています。

 

審議会開催状況

開催日 審議会 審議内容
平成13年3月1日 第1回 諮問書の伝達・事業概要説明
平成13年5月31日 第2回 先進地視察
平成13年9月25日 第3回 受益者負担金の算定方針等検討
平成13年11月28日 第4回 中間報告について
平成14年3月29日 第5回 答申について
平成14年4月16日 答申 答申の伝達

 

審議会の答申内容については、下記のリンクからご覧になれます。

答申書 公共下水道事業(第1負担区)の受益者負担金について答申(H14.4.16)[PDF:19.5KB]

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード