自主防災組織

公開日 2010年10月30日

自主防災組織の必要性

 

大地震が起こった場合、被害を最小限にとどめるよう防災関係機関は総力をあげて防災活動に取り組みます。
しかし、地震による被害は、火災をはじめ、道路の寸断建物などの倒壊津波による被害、断水や電力供給の停止など、多種多様にわたり、関係機関のみの活動では、十分に対処できないことが考えられます。
そこで、それぞれの家庭での日頃の備えや、いざというときの心構えが必要になってくるのですが、それに加えて、地域ぐるみの防災活動もまた重要な役割を果たします。

それぞれの家庭がバラバラに活動していては、地域の混乱は一層ひどくなります。地域に住む皆さんがお互いに協力しあい、地域全体の安全を守る必要があります。
自主防災組織は、そのような地域の防災活動を効果的に行うための組織です。自主防災組織の活動へ積極的に参加し『災害に強い地域』をつくりあげましょう。

 

自主防災組織の平常時の活動

 

自主防災組織が期待どおりに活動出来るかどうかは、すべて一人一人の防災意識にかかっています。そのため、普段から次のような活動をしています。

 

【防災知識の普及】
防災についての正しい知識を身につけるために、防災訓練や講習会を通じて防災知識の普及を行う。

 

【地域内の防災環境の確認】
災害が発生したときに、地域内の災害の発生・拡大につながる原因がないか、また、援助の必要な災害時要援護者の確認を行う。

 

【家庭の安全確認】
各家庭の災害時の安全対策を点検・整備する。

 

【防災用資機材の整備点検】
消火活動、応急手当、救出・救護、避難誘導の活動用の資機材の整備点検。

 

【防災訓練の実施】
日頃から災害に備えて訓練を行い、消火器の使用法など防災活動に必要な知識や技術を習得します。

 

 

自主防災組織の災害時の活動

 

自主防災組織では、災害時の応急活動の目標として、主に以下のような活動を想定しているケースが多く見られます。

 

【情報班】
災害に関する情報の収集と、住民に対する正しい情報の伝達。

 

【消火班】
出火防止及び初期消火活動

 

【避難誘導班】
住民の避難誘導

 

【救出救護班】
負傷者の救出、救護所への搬送、救護活動

 

【給食・給水班】
水や食料などの配分、炊き出しなどの給食、給水活動

 

災害から災害時要援護者を守ろう

 

【避難するときはしっかり誘導する】
災害時に避難するときは、お年寄りや乳幼児などをしっかりと保護する。手をつなぐ、背負うなど。また、障害者などに対して地域で具体的な救援体制を決めておく。非常時には一人の障害者に対して複数の住民による救援体制を。

 

【困ったときにこそ弱者に温かい気持ちで】
災害時の混乱や被害が大きいほど、誰もが殺伐とした気持ちになりがちです。しかし、そんな非常時にこそ、困っている人や災害時要援護者に対して温かい思いやりと真心を。

 

【復旧活動にも積極的に参加しましょう】
被災後の復旧活動の際に、お年寄りや子供たちにも積極的に参加してもらいましょう。
何もしないでいるとかえってストレスや体調を崩す原因になる場合があります。活動の目標を決めて、毎日適度に体を動かせるように配慮しましょう。

 

関連ワード