公開日 2014年01月21日

市税について「

「証明(税務)にかかる申請書の書き方について詳しく知りたいのですが?」

申請の仕方によって、記入していただく項目が異なります。 以下を参考にしてください。

 

 

申請書の記入例(13.6KBytes)

 

  • 窓口における本人申請の場合 →「だれのものが必要ですか」、「何に使われますか」、 「何が必要ですか」の3ヶ所に記入してください。
    1. 「住所」欄には申請時における現住所を記入してください。
    2. 「氏名」欄にはお名前、フリガナおよび生年月日を記入の上、 必ず押印をお願いします(印鑑は認め印でかまいません)。
    3. 「何が必要ですか」の欄には、必要な証明の種類、年度、枚数を記入していただきます。 証明書の種類によって、発行できる証明の年度は異なりますので、ご不明な点はお尋ねください。
  • 窓口における代理人申請の場合 →本人が直接窓口に来られない場合。 本人申請の場合の3ヶ所に加え、「あなたは 上記と同一の場合は記載不要です」の欄にも 記入してください。その際の押印は(家族の方が代理人の場合でも)、 本人のものとは異なる印鑑でお願いします。
  • 郵送で申請の場合 →「住所」欄には現住所と阿南市における住所の両方を記入してください。 平日の昼間に連絡の取れる電話番号を、氏名欄の余白に記入してください。 その他は窓口における本人申請の場合と同様です。
  • 法人の証明を申請の場合 →「だれのものが必要ですか」の欄にはボールペン等で記入して いただくほか、横判(法人の名前、所在地、代表者名の表示されたもの)を押すことで代えさせて いただくこともできます。代表者印は必ず押してください。代表者以外の人が窓口に来られる 場合、「あなたは 上記と同一の場合は記載不要です」の欄にも記入、押印してください。

関連ワード

お問い合わせ

総務部 税務課
TEL:0884-22-1114

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード