ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)ワクチンについて

公開日 2020年12月11日

現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。

接種に際しては、有効性とリスクを理解したうえで受けてください。

 現在、ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防ワクチンの定期接種は、接種後に因果関係を否定できない慢性的な痛み等が

特異的に見られていることから、厚生労働省の方針に基づき、積極的にお勧めすることを控えている状況です。

 ただし、希望者は定期接種として接種可能です。その際は、ワクチンの有効性とリスクについて理解したうえで接種を受けるように

してください。

※子宮頸がん予防ワクチンの有効性・リスクについて(参考)

厚生労働省リーフレット

○厚生労働省 ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)について

徳島県   ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)について  

 

1.接種対象者

小学6年生から高校1年生に相当する年齢の女子で、接種時に阿南市に住所登録のある方。

 

2.接種費用

無料(接種対象年齢内である方)

 

3.日本で使われているワクチンは2種類

 ①サーバリックス(2価ワクチン):子宮頸がん患者から最も多く検出されるHPV16型及び18型のウイルス様粒子を含んでいるワクチン

 ②ガーダシル(4価ワクチン):HPV16型及び18型に尖圭コンジローマの原因ともなる6型及び11型も加えられたワクチン

 ※留意点

  ・同じワクチンで合計3回接種します。

  ・接種するワクチンによって、接種スケジュールが異なります。

  ・どちらのワクチンを接種するかは、医療機関でご相談ください。

 

4.接種スケジュール

(1)一般的な接種スケジュール

(2)一般的な接種スケジュール(1)をとることができない場合

5. 接種場所

市内及び県内の委託医療機関   子宮頸がん予防ワクチン 阿南市委託医療機関[PDF:75.9KB]

 

6.持参するもの

予診票、母子健康手帳

※接種を希望される場合は、予診票を交付いたしますので、母子健康手帳を必ずご持参のうえ保健センターまでお越しください。

※医療機関によって取り扱っているワクチンが異なりますので、接種前に予約のうえご確認ください。

 

7.子宮頸がんの検診を受けましょう

予防接種を受けても、子宮頸がん発症を100%予防できるものではありません。

20歳を過ぎたら、早期発見のためにも定期的に子宮頸がん検診を受けることが大切です。

詳しくは 阿南市がん検診ホームページ あるいは保健センターまでご連絡ください。

 

 

関連ワード

お問い合わせ

保健福祉部 保健センター
TEL:0884-22-1590
FAX:0884-22-1894

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード