野焼きは法律で禁止されています

公開日 2020年01月06日

野焼きとは

 適法な焼却施設以外で廃棄物を燃やすことを「野焼き」といいます。野焼きは、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で禁止されています。法律に違反して野焼きやこれらの焼却行為を行った場合、罰則として5年以上の懲役もしくは1,000万円以下の罰金又はその両方が課せられます。

 

野焼きが与える影響

 野焼きは、その煙が悪臭や大気汚染の原因となります。また、周辺住民に対して「洗濯物が干せない」、「煙でのどが痛い」などの悪影響を及ぼします。法律により認められている野焼きであっても、苦情が発生しないように風向き、場所等に御配慮してください。

 

野焼き禁止の例外

⑴ 国又は地方公共団体が施設管理で行うために必要な場合

⑵ 災害の予防、応急対策、復旧のために必要な場合

⑶ 風俗習慣上・宗教上の行事を行うために必要な場合

⑷ 農業・林業・漁業でやむを得ず行われる廃棄物の焼却

⑸ 暖炉、お風呂の湯を焚くためなどその他日常生活で通常行われる場合で軽微なもの

お問い合わせ

市民部 環境保全課
TEL:0884-22-3413
FAX:0884-22-0727