年金生活者支援給付金制度について

公開日 2019年08月22日

年金生活者支援給付金とは

年金生活者支援給付金は、消費税率引き上げ分を活用し、公的年金等の収入や所得額が一定額以下の年金受給者の生活を支援するために、年金に上乗せして支給されるものです。消費税率が現行の8%から10%に引き上げとなる令和元年10月1日から施行され、初回の支払い(10月分・11月分)は令和元年12月中旬となります。
 

年金生活者支援給付金を受け取るには

①令和元年4月1日時点で老齢・障害・遺族基礎年金を受給している方で、年金生活者支援給付金を受け取れる方には、令和元年9月頃に日本年金機構から請求手続きに必要な書類が送付されます。同封の請求書を記入し提出してください。
②令和元年4月2日以降に老齢・障害・遺族基礎年金の受給を始める方は、年金の裁定手続きを行う際に、あわせて年金生活者支援給付金の認定請求の手続きを行ってください。
詳細については下記のリンク先の内容をご確認ください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省ホームページ(年金生活者支援給付金について)(外部サイト)外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。日本年金機構ホームページ(年金生活者支援給付金について)(外部サイト)

 

お問い合わせ先

制度などを詳しく知りたい場合は、給付金専用ダイヤルへお問い合わせください。
給付金専用ダイヤル:0570-05-4092


 

お問い合わせ

保健福祉部 保険年金課
TEL:0884-22-1118