【新型コロナワクチン】乳幼児接種(生後6か月~4歳)について

公開日 2022年11月01日

乳幼児のワクチン接種は、1回目の接種時に生後6か月~4歳の方を対象に、合計3回接種して、初回接種が完了します。
新型コロナワクチンの接種を無料で受けられる期間は、現時点で令和5年3月31日までとなっているため、接種完了するためには令和5年1月13日(金)までに1回目接種が必要です。
なお、接種券はお手元に届きますが、必ずしもワクチン接種をしなければならないものではありません。
同封のリーフレット等をお読みいただき、ワクチンについての疑問や不安がある場合は、かかりつけ医や接種を予定している医療機関などによくご相談の上、接種を受けるかお子様とご検討ください。
 

接種対象者

生後6か月~4歳の方(生後6か月になる誕生日の前日から4歳の誕生日の前々日までの方)
※1回目の接種時に4歳だったお子様が、2回目、3回目の接種時までに5歳の誕生日を迎えた場合、2・3回目接種にも1回目と同じ乳幼児用ワクチンを使用します。

 

◆1回目の接種日までに5歳を迎えた場合について(いま4歳の方へ)
使用するワクチンは小児用ワクチン(5歳~11歳用)になります。
小児用ワクチン接種については、小児(5~11歳)の新型コロナワクチンの接種について(徳島県ホームページ)をご覧ください。

 

接種券発送日

発送日[PDF:276KB]

 

接種券の再発行等については、「接種券再発行・住所地外接種・転入の方の手続き」についてをご確認ください。

 

使用するワクチン

ファイザー社の乳幼児用ワクチン
※5歳~11歳用、12歳以上用のワクチンとは、用法・用量が異なる別の種類のワクチンになります。
 
・接種券同封のワクチン説明書は発送時の情報です。最新版はこちらから(厚生労働省ホームページ)

 

・お子様のワクチン接種検討時の大切なポイントはこちらから

 

接種間隔

1回目と2回目の接種間隔

1回目接種から、通常3週間の間隔をあけて2回目を接種

2回目と3回目の接種間隔

2回目接種から、通常8週間の間隔をあけて3回目を接種  ※オミクロン株対応ワクチンでの接種はできません。

 

※1回目接種からの間隔が3週間を超えた場合、または2回目接種からの間隔が8週間を超えた場合は、できるだけ速やかに2回目または3回目の接種を受けてください。
 

 

※新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンとの同時接種が可能となりました。
ただし、その他の予防接種においては、前後13日以上の間隔を空ける必要がありますのでご注意ください。接種間隔等について疑問や不安がある方は、かかりつけ医等にご相談ください。

 

接種場所・予約方法

徳島県ホームページをご覧ください。

 

接種当日の持ち物

・接種券(シールは剥がさない)
・予診票(事前に記入してください)
・本人確認書類(健康保険証、マイナンバーカード等)
・おくすり手帳(お持ちの方)
・母子健康手帳

その他注意事項

・16歳未満の方の新型コロナワクチン接種に伴う保護者同伴のお願い

 

参考資料
新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(生後6か月~4歳のお子様の保護者の方へ)(2022年10月版)[PDF:1.77MB]
なぜ、乳幼児(生後6か月~4歳)の接種が必要なのですか。(厚生労働省Q&A)
新型コロナワクチン接種後の注意点(生後6か月~4歳のお子様の保護者の方へ)(2022年10月版)[PDF:1.13MB]

 

ワクチン接種に関する相談窓口

徳島県新型コロナワクチン専門相談コールセンター
副反応など医学的な知見が必要となる専門的な相談を保健師または看護師が行っています。(24時間対応 土・日・祝日含む)
電話 0120-808-308(フリーダイヤル)
FAX 0120-939-412(フリーダイヤル)
メール vaccine_tokushima@bricks-corp.com

お問い合わせ

新型コロナワクチン接種推進室
TEL:0884-24-8063
FAX:0884-28-9888

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード