第8回阿南市生物多様性フォーラムを開催しました

公開日 2021年02月10日

 2018年、国の第5次環境基本計画において、環境・経済・社会の課題を統合的に解決するSDGsの考え方を活用した「地域循環共生圏」が提唱されました。「地域循環共生圏」とは、各地域が地域資源を活用しながら自立・分散型の社会を形成しつつ、地域の特性に応じて資源を補完し支え合うことにより、地域の活力が最大限に発揮されることを目指す考え方です。本市における地域資源である、豊かな自然、生きものを活用しながら、地域循環共生圏を構築し、地域の活力を最大限に発揮することは、令和元年度に策定した生物多様性あなん戦略の基本理念に示す「多様な生きものを持続可能性の基盤とする」考え方に相応します。

 本フォーラムでは、生きものを活用した地域循環共生圏づくりを全国に先駆けて実践している「とくしまコウノトリ基金」事務局長の柴折史昭氏から御講演いただき、事業の目指すビジョン、段階に応じた取組内容、そのプロセスにおけるアイデアや関係者を広げるコツなどを学ばさせていただきました。御講演終了後には、生物多様性あなん戦略推進協議会の会員と本市における「生きものから始める地域循環共生圏づくり」に向けてどのような活動ができるかを意見交換しました。

 

●テーマ:生きものから始める地域循環共生圏づくりを目指して

 

●日時:2021年2月6日(土)13:30~15:30(受付開始13:00)

 

●場所:阿南ひまわり会館 2F ふれあいホール

 

●プログラム


13:30~      開会,挨拶(阿南市長)

13:40~13:50  生物多様性あなん戦略活動報告 (阿南工業高等専門学校) 

13:50~14:40  【第1部】基調講演
            演題:「コウノトリと共生できる地域を目指して」
         講師:NPO法人とくしまコウノトリ基金 理事・事務局長 柴折 史昭 氏

     

14:40~14:50 (休憩)

14:50~15:30  【第2部】あなん戦略推進協議会
            意見交換:「生きものから始める阿南版地域循環共生圏づくりに向けて」

 

●内容詳細 フォーラム案内 ⇒ 第8回フォーラムチラシ案0206[PDF:566KB]

※なお、本年度は、新型コロナウイルス感染防止のため、生物多様性あなん戦略推進協議会の会員を対象としてフォーラムを開催させていただきました。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

市民部 環境保全課
TEL:0884-22-3413
FAX:0884-22-0727

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード