阿南版事業仕分けの市民判定人を選定しました

公開日 2020年09月11日

 阿南版事業仕分けは、市民の皆様に市政運営に対する関心を高めていただくことに主眼を置き、市民判定人の判定結果を事業費の削減や事業費の見直しに反映するほか、予算編成過程の透明化や職員の意識改革につなげていくことを目的に実施する取組です。

 事業仕分けを実施するにあたり、市の職員と仕分け人の議論を参考に、仕分け対象事業の今後のあり方などについて判定していただく、いわゆる判定人を選定する必要があります。

 本市では、この判定人を市民の皆様の中から選定する、いわゆる「市民判定人方式」により実施することとしており、この度、応募をいただいいた42人すべての方を市民判定人に選定しました。

 ご応募をいただきましてありがとうございました。

 

【市民判定人の選定】

 応募対象 住民基本台帳から無作為に抽出した700人

 募集案内 700人の方に募集案内を郵送

 募集人員 30人程度

 募集期間 8月20日(木)から9月4日(金)まで

 応募者数 42人(男性25人、女性17人)  応募率 6%(全国平均5%)      

 選定基準 基本的に応募をいただいた方を市民判定人に選定。ただし、応募多数の場合は抽選により選定。

 選定結果 42人(運営面で支障のないことから、応募のあったすべての方を選定)

お問い合わせ

企画部 企画政策課
TEL:0884-22-3429