お盆休みにおける帰省等のあり方について(内閣官房より)

公開日 2020年08月06日

お盆休みにおける帰省等のあり方について、新型コロナウイルス感染症対策分科会が政府に対して提言を行いました。

以下に提言の一部を掲載します。

【提言より帰省等のあり方に関する箇所のみ抜粋】
 
もうすぐお盆休みです。多くの人が帰省をお考えになっているかと思います。お盆休みに帰省した場合、高齢者と接する機会や飲酒・飲食の機会も多くなることが考えられます。

 したがって、新型コロナウイルス感染が広がっている現状では、帰省する場合には、「基本的感染防止策(手指消毒やマスク着用、大声を避ける、十分な換気など)」の徹底や

三密を極力避けるとともに、特に大人数の会食など感染のリスクが高い状況を控えるなど、高齢者等への感染につながらないよう注意をお願いします。
 そうした対応が難しいと判断される場合には、感染が収まるまで当分の間、オンライン帰省を含め慎重に考慮していただきたいと思います。また、そもそも、発熱等の症状がある方は、

帰省は控えて下さい。感染リスクが高い場所に最近行った方は、慎重に判断して下さい。

 

提言の全文は、以下の添付ファイルをご覧ください。

お盆休みにおける帰省等のあり方について[PDF:183KB]

お問い合わせ

危機管理部 危機管理課
TEL:0884-22-9191
FAX:0884-28-9884

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード