市民の皆様へ、新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する表原市長からのメッセージ

公開日 2020年03月26日

本市では、新型コロナウイルス感染症拡大防止に関し、「阿南市危機管理警戒本部」を設置し、全庁一丸となって取り組んでいます。

感染防止に向けた表原市長からのメッセージをご紹介します。(3月24日時点)

 

 

 

皆さん、こんにちは。阿南市長の表原でございます。
新型コロナウイルスが世界各地で猛威を振るっており、関連する様々な問題が長期化を避けられない状況となりました。
今こそ、市民一丸となって、この国難とも言える難局に立ち向かっていかなければなりません。
阿南市においても、県内で感染者の発生した翌日の2月26日から「危機管理警戒本部」を立ち上げ、全庁一丸となって感染防止に取り組むことと、市民の皆様に対して分かりやすい情報発信に努めることを2本の柱として取り組んでまいりました。
そして、市内の小中学校においては、臨時休業とさせていただいてからすでに3週間が経ちました。保護者の皆様方におかれましては、いろいろと不安が募る中においても、放課後児童クラブをはじめとする子育て関連施設の皆様においては、子どもたちの受入れに全力を注いでいただいていること、そして各地に見守り活動を強化いただいているボランティアの方々をはじめとする関係各位の皆様には、本当に平素からお世話になっており、心から市長として感謝を申し上げる次第であります。
幸いにも、私がこのメッセージを準備している3月24日のお昼の時点においては、市内において感染者は発生しておらず、県内においても現在新たな感染者は発生しない、していない状況であります。これは、日頃から市民の皆様一人ひとりが感染防止に対し、しっかりと取り組んできたことによるものだと思っています。
そして、阿南医療センターをはじめとする医療・介護の最前線で働かれている皆様におかれましては、高齢者の方や病気をかかえられ、病気のある方々に対しその日常をしっかりと支えていただいておりますことに、重ねて御礼を申し上げたいと思います。
そして、中小企業で働かれている皆様、飲食店や旅行関係、交通機関でお勤めになられている皆様、これだけヒトとモノとお金が動いていかない状況において、この2月ぐらいから現在に至るまで、大変苦しい思いをなされていることと思っています。今こそ、あらゆる立場の市民の皆様がその垣根を乗り越えて一人ひとりがしっかりと手を取り合うべき時だと、私はそう思っています。
そこで今日は皆様方に、いくつかの私の方針とお願いごとをさせていただきたく思います。
まず1つ目です。これまで様々な活動において自粛のお願いをさせていただきましたが、今後においてはこれからの今現状にある、運動不足ですとかストレスですとか、経済の停滞などに鑑みまして、4月の1日から、各種活動の自粛を段階的に緩和することといたします。花見なども含めて主催をされるそれぞれの方が、しっかりと感染防止に取り組んでいただきながら、活動をしていただきたいというふうに思っています。
2つ目です。小中学校は、今現在、現時点においては休業、そしてそれが終わり、これから春休みに入りますけれども、それが終わる4月の8日からは学校を再開させていただく予定でおります。始業式や入学式についても、卒業式と同様にしっかりと感染防止に取り組んでいただいた上で実施をさせて、していただければと思っています。
この2つについては、県内で感染者が発生しない状況が続いたとしたらという前提のもとの方針でありますので、ご理解をいただきますようお願いをいたします。
そして、阿南市は「人権のまち」でもあります。インターネット等を通じて様々な情報が発信され、それが広がっておりますけれども、いざ阿南市において感染者が発生したときに、自分がもし感染したらどう思うだろうか、相手の立場に立って物事を考えていただきたい。困っている人がいたら自ら手を差し伸べられるような、そんな優しさで溢れるふるさと阿南であることを心から願うものであります。
そして、最後になりますが、阿南市は「光のまち阿南」でもあります。だからこそ、今は暗くても「明けない夜はない」と、そういう強い思いを持って、市民の皆様一人ひとりが互いに協力をし合い、この難局をしっかりと乗り越えてまいりましょう。皆様方一人ひとりのご理解ならびにご協力を心からお願いを申し上げます。

 

補足:部活動については、引き続き県内他市町村と歩調を合わせて自粛をお願いしております。

 

お問い合わせ

企画部 秘書広報課
TEL:0884-22-1110
FAX:0884-22-4090