広報編集室の小窓 7月(2)

公開日 2019年07月18日

日々の取材で出会った素敵な一場面を写真で紹介します。

 

2019年7月(2)

救急車を寄贈 モンゴルへの交流視察団
 

モンゴルとの交流に取り組む(一社)関西広域中四国&モンゴル経済文化スポーツ交流協会は、7月31日から8月4日までモンゴルに視察団を送り、本市から提供した救急車などを贈りました。視察団は救急車などの贈呈式に出席したほか、ティーボール講習会、文化交流を行うなど、日本とモンゴルの友好の絆を深めました。

(vol.3092)

 

 

椿診療所」開院 地域医療の充実に向けて
 

7月30日、椿町に「阿南市国民健康保険椿診療所」が開院しました。今年4月以降、医療機関がなく、高齢化率が49.53%となっていた椿地区ですが、多くの地域住民から要望が寄せられ、阿南医療センターの協力のもと、開院の運びとなりました。
今後は、医師の茶本真由美さん、看護師の谷脇千惠美さんと澤野麻里さんの3人体制で、毎週火曜日・木曜日の13:00~16:00に診療が行われます。
所長となられた茶本先生は、「椿町は、交通の利便性が良くありませんので、交通弱者である高齢の方や患者さま中心にケアをしっかり行っていきます。また、さらに病気を慢性化させないよう、健康管理のお手伝いをしていきたいと思います」と話されていました。

(vol.3091)

     

 

 

買い物に役立てて
羽ノ浦町五輪会がエコバックを製作
 

羽ノ浦町の商店18店舗が加盟する「羽ノ浦町五輪会」が、結成55周年を記念しエコバックを製作しました。レジ袋の有料化に備えて、同会が企画したもの。エコバックは500袋製作し、7月28日に恒例の抽選会に参加されたお客さまに進呈しました。同会の中島光子さん(78歳)は、「町内のお買い物に役立ててほしいです」と話していました。

(vol.3090)

 

 

阿南の夏まつり 新しい時代にさらに熱く
 

「阿南の夏まつり」が7月26日から28日にかけて開催されました。期間中、7万6000人の人出でにぎわいました。
26日は富岡小学校の開幕パレードと阿波踊り、27日には阿波踊りとストリートダンス、28日にはダンス&コンサートと大花火大会が行われました。場所は、阿南市役所を始め、阿南駅、牛岐城趾公園、内町演舞場、東新町演舞場など、富岡町を中心に盛り上がりました。
今年新たに見せ場となったのは、マンダラドーム(牛岐城址公園)の3年ぶりの復活と、2000から3000発に増えた大花火大会。夜でも感じる夏の暑さを上回るほどの、熱気と高揚が阿南の町を活気付けました。

(vol.3089)

   

 

 

開幕パレード、華やかに
 

7月26日、阿南の夏まつり開幕パレードで、富岡小学校金管バンドの新ユニフォームが披露されました。白と青を基調に、阿南の海をイメージした新ユニフォーム一式は、購入費の一部に、王子ネピア株式会社様からの寄付金が充てられています。
パレードの先頭に立ったのはダブル部長で、萩野有香さん(6年生)はカラーガード(赤ユニフォーム)を担当し、島田みずきさん(6年生)は金管バンド(青ユニフォーム)を担当しました。島田さんは、「新しいユニフォームを着ることができて光栄です」と話していました。
今年4月より開始された演奏練習により、その成果は遺憾なく発揮され、強い日差しの中、町中を華やかに盛り上げました。パレードとともに歩く市民の大行列ができました。

(vol.3088)

 

 

移住者の視点を市政に生かす
市長との座談会を開催
 

U・Iターンした移住者の目線、立場から市政に対する意見を聞き、今後の移住・定住施策の推進に生かすため「移住者と市長との座談会」が、7月23日に文化会館で開催されました。参加した移住者12人は、阿南市を住みやすい町にするための提言をしました。「交通のアクセスが良くなれば暮らしやすい」「魅力がある文化や自然を生かしていけば良い」などの意見がありました。

(vol.3087)

 

 

日本財団「わがまち基金」を活用
地域資源を生かした観光モデルを構築
 

(一社)国際野球観光交流協会に対し、(公財)日本財団「わがまち基金」から助成金1,000万円が交付されることになり、7月22日に市役所で記者発表が行われました。本協会は助成金を生かし、阿南信用金庫、阿南市と連携し、地域資源を活用した観光事業と野球をテーマとしたスポーツ振興事業との融合による地域創生に取り組みます。

(vol.3086)

 

 

負傷者救助 羽小児童に感謝状
 

路上で倒れていた高齢者を救助した羽ノ浦小学校3年の福井心琴さん(写真右から1人目)、髙橋 陽さん(同2人目)、岸本慶華さん(同3人目)に、阿南警察署長から感謝状が、阿南防犯連合会から額が贈られました。3人は、5月13日に、羽ノ浦町内の路上で、頭を負傷し倒れていた高齢女性を発見し、すぐに警察官に通報しました。高齢女性は無事に保護されました。贈呈式で、3人は、「助かって良かった」と喜んでいました。

(vol.3085)

 

 

「おとう飯(はん)、おかあ飯に負けまへん‼」
 

7月16日、ひまわり会館にて男性料理教室が開催され、同時に岩浅市長が徳島県初のおとう飯サポーター(内閣府男女共同参画局の「“おとう飯”始めよう」キャンペーンに賛同)に就任しました。「“おとう飯”始めよう」キャンペーンとは、育児、家事、介護等は女性の仕事といった意識を変え、男性も料理からはじめてみませんか、という主旨で実施しています。
参加したお父さん方は、隣の人を教え合うなど、互いに連携を図り、阿南市産の食材をメインにした、オムライス、サラダ、豆乳スープ、コーヒーゼリーを作りあげました(献立は画像参照)。試食では出来栄えに満足し、笑顔で舌鼓を打っていました。
普段は料理をしないという、鈴木保治さん(羽ノ浦町、68歳)は、「簡単なレシピであれば、作ることができそうなので、今回のコーヒーゼリーを自宅で作ってみようと思う」と話していました。

おうちで「おとう飯」を作ってみよう![PDF:520KB]

(vol.3084)

 

お問い合わせ

企画部 秘書広報課
TEL:0884-22-1110
FAX:0884-22-4090

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード