広報編集室の小窓 5月(1)

公開日 2019年05月08日

日々の取材で出会った素敵な一場面を写真で紹介します。

 

2019年5月(1)

徳島駐屯地 開設7周年行事が開催
 

陸上自衛隊第14施設隊が訓練などを行う徳島駐屯地で、開設7周年を記念する行事が5月12日に現地で開催されました。隊員70人、車両23台を観閲したほか、音楽隊演奏や車両の体験試乗などが行われ、約1,000人の来場者でにぎわいました。参加した小笠元一さん(68歳・那賀川町)は、「災害時にも活躍する施設隊は、地域住民にとって頼もしい存在です」と話していました。

(vol.3062)

隊員や車両を観閲 式典のようす 音楽隊の演奏

 

 

空高く舞う「令和」 良い時代になりますように
 

5月5日に那賀川河川敷で、恒例の「子どもの日凧揚げ大会」が開催され、親子連れなどが凧揚げを楽しみました。まちおこしを行う住民団体「羽ノ浦町おやじの何でも塾」が、改元を記念して令和の文字を書いた2メートル四方の大凧を作成。大凧は風を受け、空高く舞い上がりました。

(vol.3061)

 

 

見て、触れて、食べて 魚の祭り大盛況
 

新鮮な海の幸をPRする「漁ぎょ魚まつり2019」が5月3日に椿泊漁協荷捌所で開催され、約3,000人の来場者でにぎわいました(椿泊漁業協同組合主催)。会場には、タチウオなどの活魚が浜値で販売されるなどし、訪れた買い物客が次々と新鮮な魚を買い求めていました。また、活魚のつかみ獲りや海の生き物に触れ合える「タッチングプール」を楽しんでいました。つかみ獲りに挑戦した久米陽翔さん(8歳・大阪府)は、「魚が大好き。逃げる魚を捕まえるのが難しかった。また参加したい」と話していました。

(vol.3060)

 

 

こども科学フェスティバル開催
 

「こども科学フェスティバル」が5月3日~5日、科学センターで開催され、親子連れや友だち同士で来館した735人が科学工作や実験を楽しみました。フェスティバルの主な内容は、工作、実験、天体観望で、日替わりの項目が用意されており、「LEDで回路を楽しもう」では、電気に関することを軸に、エジソンの白熱電球、蛍光灯、LEDまでの歴史を辿ったり、電気磁石や放電の実験を行ったりしました。音と光による放電の実験を熱心に見ていた平瀬智大君(羽ノ浦町、9歳)は、「10万ボルトの放電が印象的。(誘導コイル電極間の)長さにより電圧が増えていった。楽しかった。」と話していました。
今回のゴールデンウイークに加え、今後は、夏休みにサマーサイエンススクール、秋に科学の祭典、科学の講座などのイベントを開催予定しており、科学の面白さを皆さまに発信していきます!ぜひご来場・ご期待ください。

 

科学センター
【所在地】徳島県阿南市那賀川町上福井南川渕8-1
【利用時間】体験館および自然観察園 9:30~16:00
                 天文館 13:00~16:00(土日祝、中期学校休業日)
                 ※天体観望会開催時は、19:00~22:00(4月~10月)
                                                   18:00~21:00(11月~3月)
【休館日】毎週月曜日( 祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/3)
【問い合わせは】科学センター(☎42-1600 FAX42‐3652)
ホームページ http://www.ananscience.jp/science/

(vol.3059)

 

 

多彩な阿南市の美術、ここにあり。
 

【第58回阿南市美術展の開催】
「阿南市美術展」が5月3日から5日、文化会館で開催され、市民の皆さんの作品196点が展示されました。阿南市に住む書道家先生の展覧会より、阿南市内の創作活動を知ってもらおう!広めよう!と始まった美術展は、市民によって計画・支えられ、今年で58回目を迎えました。
日本画、洋画、写真、書道、彫塑工芸の5部門がエントリー。令和最初の年、各部門で力作の揃い踏みとなりました。見どころは多数あり、洋画では、今年は大きな作品が多く、視覚による訴えが強い。また、写真では、その時の状況や感動など、個人の視点を切り取った一瞬が面白かったです。来場者は、「美術展は毎年楽しみで、ワクワクする」「若い人にも多く来てもらって、阿南市の美術に関心を持ってもらいたい」「作品の中でこれ!という、自分のお気に入りを探すのも楽しい」と話していました。
阿南市美術協会会長の霜田精奏さん(山口町)は「阿南市は文化面にも力を入れている。市民の皆さまには芸術活動を今こそ始めてほしい。また、既に芸術活動をやっている方には、美術展というよい機会があるので、作品を出展していただきたい」と語りました。

(vol.3058)

     

 

お問い合わせ

企画部 秘書広報課
TEL:0884-22-1110
FAX:0884-22-4090