広報編集長の小窓 4月(10)

公開日 2014年04月28日

日々の取材で出会った素敵な一場面を写真で紹介します。

 

2014年4月(10)

明るい笑顔と声援で球場を彩る
野球のまち阿南チアガール「ABO60」に密着(4月24日)

 4-159.jpg

 

  5月の阿南ぶらりまち紀行では、野球のまち阿南に新たに誕生したチアガール「ABO60(えーびーおーろくじゅう)」の皆さんを取り上げています。誕生してから球場デビューまで、その軌跡を追いました。

 

 今年1月、野球のまち阿南にチアガールが誕生しました。その名も、「ABO60」。阿南の「A」、ベースボールの「B」、おばちゃんの「O」に、60歳以上の「60」の文字を組み合わせています。野球の試合で訪れる県外からの選手を阿南流のおもてなしで歓迎しようと、試合を盛り上げる応援ダンスやかけ声の練習を始めました。
 メンバーは、熱心な野球ファンというわけではありません。ましてや応援団を結成するのも初めての経験。そのため一度決めてもやり直しになることが多く、たくさんの試行錯誤を重ねました。リーダーの都崎文恵さん(61歳・柳島町)は、言葉に力を込めます。
 「試合で心のこもった応援をもらえることは、阿南へ来て良かったという気持ちにつながると思うんです。せっかくなら、ひとりでも多く阿南を好きになってもらい、『もう一度来たい』と感じてほしい。大変なこともあるけれど、選手の皆さんの笑顔を思い浮かべながら頑張っています」
 最初はなんとなくぎこちなかったダンスも、練習を続けるうちにだんだん上達。還暦の赤が目立つ手作りの衣装は、地域活性化のため材料も市内で買うなどこだわりが光る。メンバーも35人に増え、少しずつ、デビューに向け準備を整えていきました。
 迎えた4月19日。西日本生涯還暦野球大会の会場では、ABO60のダンスと大きな声援が観客席に華やかさを添えました。打席へ向かう選手の名前を連呼してエールを送れば、グラウンドから笑顔がかえってくる。「頑張ってな」「よっしゃ、頑張るわ」。得点が入るとダンスで祝福。出会ったばかりの選手とチアガールの間で、いつのまにか心が通いあっていました。
 今まで野球のまち阿南の取組に関わる機会が少なかった女性たちが編み出したのは、「応援」という新しい形。ABO60がさきがけとなることで、これからもっと多くの方と一緒に野球のまち阿南を盛り上げていけたら…。おばちゃんたちが思い描く未来の構想が叶う日は、きっとそう遠くはないはずです。

(vol.1529)

 

4-144.jpg 4-155.jpg 4-154.jpg
4-153.jpg 4-158.jpg 4-156.jpg
4-157.jpg 4-147.jpg 4-146.jpg
4-145.jpg 4-149.jpg 4-148.jpg
4-150.jpg 4-151.jpg 4-152.jpg

 

 

あなん市議会だより 表紙デザイン改新 (4月24日)

       
4-141.jpg

 阿南市議会の活動や一般質問の内容をお知らせする「あなん市議会だより」の表紙のデザインが3年ぶりに改新されました。編集委員会において、従来の下半分に写真を掲載した8案と全面写真の2案を協議したところ、一面に写真を掲載したレイアウト案が採用されました。
 写真は、昨年5月に開催された「阿南の加茂谷鯉まつり」の会場で撮影されたもので、「未来の会」(深瀬町)のおりがみクラブの皆さんが作った手づくり鯉のぼりが愛らしく、新緑の那賀川をカンドリ舟で遊覧するのどかな情景が切り取られています。撮影者は、「5月らしさを表現するために、あえて1年前の写真を使いました。全面写真は縦写真に限られるため、今後このレイアウトで編集するとなると少しプレッシャーになりますが、より良い広報紙づくりに努めたい」と話しています。
 5月1日発行の「阿南市議会だより」は「広報あなん5月号」に折込み、4月27日(日)以降に配布する予定です。

 (vol.1525)

 

 

   表紙レイアウトの変遷                                                            
4-137.jpg 4-138.jpg 4-139.jpg 4-140.jpg
平成17年2月1日(第93号)まではタブロイド判(モノクロ)  平成17年5月1日(第94号)からタブロイド判(2色)   平成18年5月1日(第98号)からA4判(2色) 平成23年5月1日(第118号)からA4判(カラー) 

 

 

阿南de愛隊
1年間で29組のカップルが誕生(4月23日)

     

 官民でつくる婚活支援組織「阿南de愛隊」の総会が行われ、関係者12人が平成25年度の事業や今後の組織運営について話し合いました。
 阿南de愛隊は昨年度、徳島インディゴソックスの野球の試合を観戦しながら趣味の合う相手を探す「Baseball Coupling Party~恋のドラフト会議~」や、夏の北の脇海水浴場でバーベキューを楽しむ「恋活in 北の脇」、星空の下でロマンチックな出会いを探す「恋活in科学センター」など、7つの婚活イベントを手がけました。のべ228人が参加し、カップリング投票では計29組のカップルが誕生しました。委員からは、「イチゴ狩りなど、季節を取り入れたイベントを開催してみてはどうか」や「若者向けだけでなく、40~50代の年齢層に向けたイベントも積極的に企画していってはどうか」といった意見が出ていました。
 5月31日(土)には、恋活イベント「フードコーディネーター田中美和の恋するフォーチュンクッキング」が開催される予定です。ぜひご参加ください。


【フードコーディネーター田中美和の恋するフォーチュンクッキング】
 フードコーディネーター田中美和さんが、恋のレシピで素敵な出会いを演出します。ラブラブキッチンで、料理をしながら交流を深めましょう。

日時 5月31日(土)18:30~21:00(受付18:00)
場所 羽ノ浦公民館(調理室)
対象 20歳以上35歳以下の独身男女
定員 男性12人、女性12人
参加費 男性2,000円、女性1,000円
受付期間 5月23日(金)まで ※定員になり次第締切
申込方法 住所、氏名(フリガナ)、年齢、性別、電話番号を記入のうえ、
       電子メールでお申込みください。
お問い合わせ 阿南de愛隊(ふるさと振興課内☎22-7404)
          e-mail konkatsu@anan.i-tokushima.jp

(vol.1533)

  4-168.jpg

 

 

第1回那賀川渇水調整協議会を開催
農業用水・工業用水ともに10%の自主節水を決定 (4月23日)

     
4-136.jpg  

 那賀川水系長安口ダムの上流において、3月の降水量は196ミリメートルと平年値に比べて約110パーセントとなっておりますが、4月の降水量は23日午前0時時点で58ミリメートルと少雨の状況が続いています。
 23日午前0時現在の長安口ダムと小見野々ダムを合わせた貯水量は、約2,539万立方メートルで有効貯水量の約60パーセントとなっています。
 この状況を踏まえて、本日、第1回那賀川渇水調整協議会が開催され、協議の結果、4月24日午前9時から農業用水10%および工業用水10%の自主節水を実施することを決定しました。
 次回の会議は25日(金)を予定しています。

(vol.1524)

 

お問い合わせ

企画部 秘書広報課
TEL:0884-22-1110
FAX:0884-22-4090