新生児聴覚スクリーニング検査の公費助成

公開日 2018年04月03日

新生児の聴覚障がいを早期に発見することにより、早い段階で適切な援助ができることを目的に、平成30年4月から新生児聴覚スクリーニング検査の助成が始まりました。

1.対象者

  平成30年4月1日以降に生まれた児であり、検査日に阿南市内に住所を有している方。

2.検査方法及び助成額

  検査は、自動聴性脳幹反応(自動ABR)あるいは耳音響放射(OAE)のどちらかの方法で行います。

  母子健康手帳の交付時に併せて交付する「新生児聴覚検査受診票」を出産医療機関に提出してください。

  検査費用は全額助成しますので、自己負担は無料です。

3.県外の出産医療機関で検査をする場合

  県外の出産医療機関で新生児聴覚検査を受けられた場合は、6,700円(自動ABR)か3,000円(OAE)を上限に償還払い(払い戻し)をします。

  検査日から6か月以内に保健センターへ申請してください。

  【償還払い(払い戻し)の申請手続きに必要なもの】

     (1)母子健康手帳

   (2)新生児聴覚検査受診票(市が交付したものに結果を記載したもの)

   (3)新生児聴覚検査を受けた医療機関発行の領収証(退院時の領収書に「新生児聴覚検査」と明記のない医療機関もあります。その場合は診療費明細書もお持ちください。)

   (4)通帳など振り込み口座のわかるもの[申請者(保護者)名義のものに限る]

   (5)印鑑

   (6)阿南市新生児聴覚検査償還払申請書  

   (7)債権者登録兼支払金口座振替依頼書 

    ※(6)(7)は保健センターにあります。事前にお渡しすることもできます。    

お問い合わせ

保健福祉部 保健センター
TEL:0884-22-1590