こどもの医療費助成事業

公開日 2018年04月01日

制度の概要

 0歳から18歳に達する日以降の最初の3月31日までのお子さまが、病気やけがで医療機関に受診したとき、保険診療の自己負担額(一部負担金)や入院時食事代の自己負担額(標準負担額)を助成します。 

 

対象となるお子さま

◇阿南市内に住所があること。

◇健康保険に加入していること。

 

助成を受けられる期間

18歳に達する日以降の最初の3月31日までのこども
(3月31日生まれの方は18歳の誕生日、4月1日生まれの方は18歳の誕生日の前日まで)

 

申請に必要なもの

〇お子さまの健康保険証
〇印鑑
〇保護者の身分証明書(運転免許証等) 

〇転入の場合等、阿南市において保護者の方の所得確認ができない場合には、所得の確認ができる書類(所得課税証明書、源泉徴収票など:写しでも可)あるいはマイナンバーが必要です。申請時期により必要となる年度が異なってきますので、詳しくは保険年金課までお問い合わせください。※お子さまが高校生の方は不要です。

 

徳島県内の医療機関にかかるとき

 健康保険証と受給者証を医療機関の窓口に提出してください。

年齢 0歳~2歳 3歳~小学6年生 中学1年~3年生 高校1年生~18歳に達する日以降の最初の3月31日まで
受給者証 アイボリー色 ピンク色 水色 緑色

(3歳、中学1年生、高校1年生になりますと受給者証が変わります。新たに作成してお送りしますので手続きは不要です。)

※阿南市と受領委任の覚書を交わしている整骨院・接骨院において施術を受ける場合は、受領委任払いの取扱いが可能ですので印鑑もお持ちください。

 

払い戻しの対象となるもの

1 県外の保険医療機関で受診されたとき
2 出生又は転入の日からこども医療費受給者証の交付前までに受診されたとき
3 医師が治療上必要と認めた、治療用装具(コルセットや小児弱視用眼鏡など)を購入したとき
4 健康保険証を提示できず、医療費の全額を支払ったとき

5 入院時食事療養費の自己負担金を支払ったとき
6 病院の窓口で他の公費負担者医療制度(小児慢性特定疾病や特定医療等)を利用し、自己負担分を支払ったとき

 

申請に必要なもの

〇受給者証

〇お子さまの健康保険証

〇領収書(お子さまの氏名、保険診療の総点数、診療期間、領収金額、 医療機関名のあるもの)

〇受給者(保護者)名義の普通預金通帳

〇印鑑

〇治療用装具については医師の装具装着証明書

〇他の公費負担者医療制度を利用した場合は、他の公費負担者医療制度の受給者証

※上記「払い戻しの対象となるもの」の3・4及び、高額療養費、付加給付の支給基準に該当する場合については、加入している健康保険で払い戻しの手続き後、保険者発行の支給決定通知書を持参のうえ申請してください。

※健康診断料、乳児健診料、予防接種、薬の容器代、差額ベット代、沐浴料など保険適用外のものは医療費助成の対象外となります。

 

届出が必要なとき

 加入している健康保険が変わったとき
 お子さまの住所が変わったとき
 お子さまや受給者の氏名が変わったとき
 受給者証を汚したり、紛失したとき  
 他市町村への転出等で受給資格を喪失したとき

お問い合わせ

保健福祉部 保険年金課
TEL:0884-22-1118