広報編集室の小窓 9月(1)

公開日 2017年09月01日

日々の取材で出会った素敵な一場面を写真で紹介します。

 

2017年9月(1)

地域で支えあう“いのち”
自殺予防フォーラムを開催(9月15日・領家町)
   

自殺予防のために、ともに考え取り組んでいこうと「自殺予防フォーラム2017」が、9月15日に阿南保健所で開催され、約90人が参加しました(阿南保健所、保健センター共催)。講師の慶応義塾大学大学院講師の岡 檀さんは、日本で最も自殺率が低い町である旧海部町を実地調査した結果、生き心地の良いコミュニティには自殺の危険を軽減する要素があると伝えました。また、「地域の自殺予防のために、今、私たちにできること」をテーマにパネルディスカッションも行われました。

(vol.2779)

9-19

 

講師の岡 檀さん

9-20

 

パネルディスカッションのようす

 

 

緊急事態に備えて
阿南駅でテロ対応訓練(9月14日・富岡町)
     

駅構内でのテロ発生を想定した対応訓練がJR阿南駅で行われ、駅員など約30人が参加しました(徳島県警、JR四国共催)。訓練は、不審者が化学薬品の入ったペットボトルを駅構内に停車中の列車に持ち込んだという想定で行われました。不審者の対応にあたった駅員は、乗客を車外に誘導し、阿南署に連絡。駆けつけた署員が不審者を取り押さえました。また、県警機動隊NBCテロ対策班3人がペットボトルの回収処理を行いました。駅長の矢野秀樹さん(54歳)は、「関係機関と連携してテロを起こさせないようにしたいです」と話していました。

(vol.2778)

9-16 9-17 9-18
訓練のようす 県警機動隊がペットボトルを回収処理 駅員を対象としたさすまた使用の講習

 

 

地域課題をIT技術で解決
阿南高専学生がプログラミング合宿(9月7日・吉井町)
     

阿南高専プログラミング同好会会員10人が、㈱HALのサテライトオフィス「屯」でプログラミングの合宿を9月7日から9日まで行いました。これは、学生が加茂谷地域の住民と一緒に地域課題を見つけ出し、その課題をIT技術で解決しようとする徳島県南部総合県民局の「県南地域づくりキャンパス事業」の支援を受けた取組です。学生は、普段とは違う自然に囲まれた環境の中で、急病者の応急処置を支援するソフトなどの開発を、㈱HALの社員から技術的なアドバイスを受けながら行いました。

(vol.2777)

9-6 9-5 9-7
プログラミング合宿のようす (株)HALの社員からアドバイスを受ける 真剣にプログラミングを行う学生

 

 

きれいなトイレで
“おもてなし”(9月4日・富岡町)
     

観光地の公共トイレ清掃を行い、観光客などに心地よくトイレを使ってもらおうと「LIXIL DAY 中四国観光地トイレ おもてなし一斉清掃」が9月4日に牛岐城趾公園管理棟トイレで行われました。本イベントは、㈱LIXIL中四国支社(広島市)が呼びかける企業の社会貢献活動で、参加した㈱アズマ四国(羽ノ浦町)や㈱LIXILの社員10人は、熱心にトイレ清掃を行いました。

(vol.2776)

9-2 9-3 9-4
心を込めて清掃する参加者 すみずみまで清掃 記念撮影

 

 

「tokushima ebooks(トクシマイーブックス)」で
広報あなん9月号を見ることができます
     

9-1

トクシマイーブックス

 

広報あなん9月号を徳島県電子書籍ポータルサイト「tokushima ebooks(トクシマイーブックス)」でご覧いただけます。
県内自治体の広報誌や観光パンフレットなどを閲覧できるポータルサイトです。パソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末から、冊子のページをめくるような動作でスムーズに読むことができますので、ぜひご利用ください。
くわしくは下記アドレスをご覧ください。
 https://www.tokushima-ebooks.jp/

(vol.2775)

 

 

徳島県からのお知らせ
 

●オレンジリボンたすきリレーinとくしま参加ランナー&スタッフ募集


【とき・ところ】11月11日(土)8:45~・子育て総合支援センターみらい~鳴門・大塚スポーツパークまでの6区間
【内容】子ども虐待防止の象徴であるオレンジリボンをたすきに仕立て、駅伝方式で走ります。

一緒に走っていただけるランナー、お手伝いいただけるスタッフを募集しています。
【問】県こども未来応援室(電話088-621-2180、FAX088-621-2843)


●非核の県宣言


徳島県議会では、昭和57年10月に全国に先駆けて、「非核の県」宣言の議決をしています。
世界の恒久平和は、私たち人類共通の願いです。あらためて平和に対する認識を深めましょう。

 

お問い合わせ

企画部 秘書広報課
TEL:0884-22-1110