公益通報者保護制度

公開日 2017年09月26日

  公益通報者保護法(平成16年法律第122号。以下「法」という。)を踏まえ、地方公共団体が国の行政機関との連携を図りつつ、外部の労働者等からの通報に対応
する仕組みを整備し、これを適切に運用することは、事業者に対する行政の監督機能の強化並びにそれを契機とした事業者における内部通報制度の整備及び改善に
向けた自主的な取組の促進に寄与するなど、事業者の法令遵守の確保につながるものであります。
  また、外部の労働者等からの通報を積極的に活用した情報の早期把握を通じて、地方公共団体が適切な法執行を行っていくことは、地域住民の生活の安定及び社
会経済の健全な発展にも資するものであります。
  以上の意義を踏まえて、外部の労働者等からの法に基づく公益通報及びその他の法令違反等に関する通報を適切に取り扱うため、阿南市外部の労働者からの公益
通報に関する要綱を制定し、通報を取り次ぐ窓口を総務部総務課に設置しました。

 

 

阿南市外部の労働者からの公益通報に関する要綱[PDF:163KB]

 

 

※公益通報者保護制度の詳細については、消費者庁の「公益通報者保護制度ウェブサイト」をご覧ください。

 

 

 

お問い合わせ

総務部 総務課
TEL:0884-22-3804

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード