不法投棄はやめましょう

公開日 2017年06月16日

不法投棄は重大な犯罪です

 

 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」では、廃棄物を投棄した場合、5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰則に処せられ、またはこれを併科されます。

 

 「処理費用がもったいない」「ばれないだろう」などの安易で無責任な気持ちが美しい自然やまちを汚しています。

 

 不法投棄は絶対やめましょう。

 

 

 

土地の所有者・管理者の皆様へ

 

 不法投棄されて、捨てた人が判らない場合、基本的にはその土地の所有者・管理者が、自ら、その不法投棄物を処理しなければなりません。

 

 自分の土地にごみが捨てられないよう、ロープを張るなど適正な管理を行い、不法投棄の未然防止に努めましょう。

 

 なお、不法投棄防止看板や犬フン被害防止看板を無料で配布しています。必要な方は、市民部環境保全課(本庁舎2階)に御相談ください。

 

 

 

不法投棄を見かけたら

 

 速やかに警察に通報してください。地域で十分注意を払い、見回りを行うなど、地域全体で「不法投棄を許さないまち」をつくりましょう。

 

 

 

空き缶やたばこのポイ捨てもまちを汚しています

 

 

 空き缶、空き瓶、たばこの吸い殻等のポイ捨てや飼い犬のふんを放置することは、まちを汚すことになり周辺の住民にとって大変迷惑な行為です。

 

 自分だけならいいか、などと思わずに、必ず持ち帰り、適正に廃棄してください。

 

お問い合わせ

市民部 環境保全課
TEL:0884-22-3413