年金の受給資格期間が10年になります

公開日 2017年02月08日

これまでは、老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金保険、共済組合等の加入期間を含む)と国民年金の保険料免除期間などを合算した資格期間が原則として25年以上必要でした。

平成29年8月1日からは、資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになります。

 

 

対象者

既に65歳以上で、資格期間が10年以上の方には、平成29年2月末から平成29年7月までの間に日本年金機構から「年金請求書」がお手元に届く予定です。

 

  

手続きについて

「年金請求書」が届きましたら、必要事項をご記入の上、必要書類と併せて徳島南年金事務所で手続きをしてください。 

※全ての加入期間が国民年金第1号被保険者期間の方は、市役所でも手続きが可能です。

 

 

平成29年8月1日時点で、資格期間が10年未満の60歳以上の方

10年の資格期間がない方でも、以下の制度を利用することで、年金を受け取れる可能性があります。

 

(1)任意加入制度

ご本人の申出により、「60歳以上70歳未満」の期間に国民年金保険料を納めることで、年金を受給するために必要な資格期間を満たすことがあります。

加入は申出のあった日からになります。

 

(2)後納制度 

過去5年以内に国民年金保険料の納め忘れがある方は、申し込みにより平成27年10月から平成30年9月までの3年間に限り、国民年金保険料を納めることができます。


(3)特定期間該当届・特例追納制度

第3号被保険者から第1号被保険者への切り替えの手続きが2年以上遅れたことにより、国民年金保険料の未納期間がある場合、手続きをすることで年金が受給できることがあります。


(4)年金記録の再確認

過去に「ねんきん特別便」などを受け取られ、まだご確認いただいていない未統合の年金記録をお持ちの場合、年金記録を統合することで年金が受給できることがあります。

 

 

資格期間の確認

ねんきんネットやねんきんダイヤルをご活用いただくか、徳島南年金事務所にお問い合わせください。

  

 


★詳しくは、日本年金機構のホームページをご覧ください。

 

受給資格期間の短縮 (日本年金機構)

 

 

 

《お問い合わせは》
〇ねんきんダイヤル  : 0570-05-1165
                  03-6700-1165(050で始まる電話でおかけになる場合)

  

〇徳島南年金事務所 : 088-652-1511