阿南市納税貯蓄組合事務費等補助金の廃止について

公開日 2017年02月06日

阿南市納税貯蓄組合事務費等補助金は、今年度の平成28年度をもって廃止することとなります。

(昨年の阿南市納税貯蓄組合連合会の定時総会において、納税貯蓄組合事務費等補助金(1世帯750円)の交付は、平成28年度(平成29年3月)をもって廃止する方向で承認されました。) 

 

○理由

納税貯蓄組合は、戦後混乱した社会情勢と経済情勢の中で税収の安定的な確保を目的に創設され、以後60年の長期にわたり、円滑な市制を運営していく上で、多大な貢献をしていただきました。

しかしながら、現在では、口座振替納税等の普及により自主納税が浸透していること、個人情報保護制度によって組合活動に制約があること、組合役員の後継者が不足していることなど、納税貯蓄組合の活動も変わってまいりました。

また、組合員とその他納税者との間に不公平もあり、収納率においても組合員とその他納税者とでは差異がなくなってきております。

このような状況を踏まえ、本市の納税貯蓄組合への事務費等補助金の交付についても今年度、平成28年度をもって廃止することとなりましたので、ご理解とご協力をいただけますようお願い致します。

 

○事務費等補助金廃止後の納税組合の活動について

なお、事務費等補助金廃止後の納税組合の活動につきましては、自主活動、または自主解散となります。

平成28年度補助金交付後に納税貯蓄組合の解散を考えている場合は、補助金交付事務が平成29年5月までとなりますので、平成29年6月以降の解散を検討していただけますようお願い申し上げます。

 

 

お問い合わせ

総務部 納税課
TEL:0884-22-1792