ご存知ですか?「本人通知制度」事前登録

公開日 2015年07月06日

存知ですか?「本人通知制度事前登録

  

 

事前登録して,自分のプライバシーは自分りましょう~

 

)

 

◆「本人通知制度」事前登録とは

 

本人通知制度とは,事前に登録した人の住民票の写しや戸籍謄本などを本人以外の

 

第三者に交付した場合に,交付した事実について登録者本人に通知する制度です。

 

これは,住民票の写しや戸籍謄本などの不正請求・不正取得による個人の権利侵害

 

を防止することを目的としており,本市では、2014(平成26)年7月1日から

 

実施しています

 

※第三者とは,住民票であれば「同一世帯」以外の者、戸籍等であれば「同じ戸

 

籍に記載のある者,その配偶者,直系親族」以外の者,及び八業士(弁護士・司

 

書士・土地家屋調査士・税理士・社会保険労務士・弁理士・海事代理士・行政

 

書士)をいいます。

 

 

■不正請求・不正取得に関する人権侵害はどのようなものがありますか

 

第三者が住民票の写しや戸籍謄本などを不正請求・不正取得したことにより逮捕・

 

起訴され,有罪判決を受ける事件が全国的に発生しています。

 

こうした事件の背景には,第三者が結婚や就職に際して身元調査の資料として住民

 

票の写しや戸籍謄本などを不正請求・不正取得し,差別意識や偏見に基づく婚約解消

 

や就職の内定取り消しなどの不当な取扱いに利用するなどの重大な人権侵害が発生し

 

ています。また,不正請求・不正取得された個人情報が漏えいし,それがストーカ

 

DV(ドメスティクバイオレンス),詐欺などの犯罪に利用され,重大な事件・事故

 

に巻き込まれる被害者が後を絶たないのも現状です。

 

 

■なぜ、「本人通知制度」事前登録が必要なのですか

 

本人の知らないところで,その人の経歴・思想・信条・家柄・家庭環境・資産など

 

を,興信所などの民間調査機関を使って調べることは,多くの場合,重大な人権侵害

 

にあたります。身元調査を依頼したり引き受けたりすることは,差別意識や偏見を助

 

長する行為であり,決して許されるものではありません。このような身元調査につな

 

がる人権侵害を未然に防ぐ抑止力として,「本人通知制度」事前登録が必要となりま

 

す。また,ストーカー,DV(ドメスティクバイオレンス),詐欺などの犯罪被害者

 

を未然に防ぐ抑止力にもなります。

 

 

◆「人権尊重のまちづくり」をめざして

 

本市では,市人権教育協議会をはじめ,各関係機関・団体と連携し,「身元調査お

 

断り」ワッペン運動街頭啓発,各種人権研究大会,各種人権啓発研修・イベントなど

 

の開催の場を利用するなど,本制度の重要性をあらゆる機会を通じて,周知を図って

 

います。事前登録をされていない方は,ぜひ本制度への登録をしましょう。

 

自分のプライバシーを守るため,本制度を通じて人権について今一度考え,「人権尊重の

 

   まちづくり」をめざしていきましょう。

 

 

   なお,上記のふりがな付き文書についてはこちらです。

     本人通知制度 ホームページ掲載分(PDF)(336KB)

 

 

登録(とうろく)については

 

  阿南市役所市民生活(☎ 0884-22-1116)

  http://www.city.anan.tokushima.jp/docs/2014070800017/

 

 

人権については

 

  阿南市役所人権男女参画(☎ 0884-22-3094)

 

  阿南市人権教育協議会事務局(☎ 0884-22-3392)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

教育委員会 人権教育課
TEL:0884-22-3392

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード