高齢者の肺炎球菌感染症予防接種

公開日 2015年03月24日

 平成26年10月から定期予防接種になりました。対象となる方へ接種費用の一部を助成します。 また、対象者へは個人通知をお送りしますので、接種を希望される方は、直接委託医療機関へ予約・連絡の上、接種を受けてください。 

 

 肺炎球菌性肺炎は、成人肺炎の25~40%を占め、特に高齢者での重篤化が問題になっています。そして、肺炎は、日本人の死因3位であり、死亡者の95パーセント以上が65歳以上の人です。予防には、うがい・手洗い、規則正しい生活などにより免疫を高めることが大切です。

 

 

●肺炎球菌ワクチンとは?


 このワクチンは、肺炎球菌は90種類以上の型があり、そのうちの23種類に対して免疫をつけることができます。肺炎球菌による肺炎を予防するか、かかっても重症化と死亡を軽減させる効果が期待されています。

 

●定期接種対象者

(1)該当する年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方

(2)60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害を有する方

※(2)の方は、接種することについて、医師と相談してください。

注意:定期予防接種は65歳の人が対象ですが、平成26年度から平成30年度までの経過措置として1人1回対象として実施します。 

 

●接種費用(自己負担額)

  個人通知をご確認ください(生活保護世帯の方は無料)

※ これまでに23価肺炎球菌ワクチンを1回以上接種した者は定期予防接種として受けることはできません。

 

●接種医療機関(阿南市委託医療機関)


徳島県内の委託医療機関

阿南市内医療機関及び徳島県内かかりつけ医に、必ず事前に連絡・予約のうえ、病院を受診してください

 

●接種時に必要なもの


予診票、高齢者の肺炎球菌感染症のお知らせ中の接種済証、接種費用

 

●高齢者の肺炎球菌ワクチンについて

 

高齢者の肺炎球菌ワクチンについて 説明.pdf(192KBytes)

 

●厚生労働省 肺炎球菌感染症について

お問い合わせ

保健福祉部 保健センター
TEL:0884-22-1590

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード