広報編集長の小窓10月(17)

公開日 2013年10月29日

日々の取材で出会った素敵な一場面を写真で紹介します。

 

2013年10月

NHK・BSプレミアムで蒲生田岬、伊島、椿泊が
BSフジで「野球のまち阿南」が紹介されます (10月25日)

     
10-425.jpg  

 阿南市東京事務所からの情報提供です。阿南市にゆかりのある方からいただいた情報だそうです。
 10月23日にNHK・BSプレミアムの番組『ぐるっと瀬戸内の旅』で、蒲生田岬、伊島、椿泊が取り上げられました。1時間番組で見応えがあったようです。今日はその再放送のお知らせです!

 

 【ぐるっと瀬戸内の旅 徳島~兵庫】
   放送日 10月27日(日) 14:00~15:00

 

 番組の概要
 美しい景観と豊かな海に恵まれた瀬戸内海沿岸をめぐる6回シリーズ。
 2回目は金子貴俊さんが、徳島県と兵庫県を旅する。
 四国最東端の蒲生田岬から旅はスタート。
 日本一のハモの産地・阿南では、ハモにまつわる技に迫る。
 お見逃しなく!
 くわしくは、下記のホームページで紹介しています。
 http://www.nhk.or.jp/hakken/setouchi/program/131023.html

 

 さらに!
 BSフジでは「野球のまち阿南」の取り組みが紹介されます。

 こちらも併せてご覧ください。
 放送日時 10月28日(月) 9:55~10:00

 くわしくはこちら http://www.bsfuji.tv/top/pub/machi_tane.html 

(vol.1248)

10-426.jpg  

 

 

阿南市発!
期間限定「カタツムリスイーツ」を発売 28日(月)から (10月25日)

     
10-424.jpg  

 阿南自慢のカタツムリをモチーフにしたスイーツを販売して、地域活性化と環境保全につなげようと、市内の和洋菓子店が試作した「カタツムリスイーツ」が、いよいよ28日(月)から発売されます。県立佐那河内ふれあいの里ネイチャーセンター専門研究員の松田春菜さんが製作したポスターやチラシが完成し、発売の日を待つのみとなりました。
 今回の企画に参加したのは、もみじや、森行朝日堂、パティスリーマリエ(以上、富岡町)、つるや菓子舗(橘町)、和洋生菓子・鶴家菓子舗(福井町)の5店舗。2度の試食会を経て、オリジナルロールケーキとシュークリームなどを完成させました。地元のお菓子屋さんとアナンムシオイガイの発見者・松田春菜さんのコラボレーションをぜひご堪能ください。
 販売期間は来年1月31日までの3カ月間です。ロールケーキは200円~350円/個、シュークリームは200円~300円/個とお手頃。売上金の1%は、「アナンムシオイガイ」が発見された加茂谷地域に暮らすカタツムリの保全・普及活動に役立てられます。
 みんなで商品を買って、阿南自慢の「カタツムリ企画」を盛り上げましょう!

 

 チラシのプリントはこちらから

 チラシ(937KBytes)

(vol.1247)

 

 

11月2日に部分開通
国道55号阿南道路(津乃峰町西分~橘町大浦間1.7km) (10月25日)

   

 

10-393.jpg  

 国土交通省四国地方整備局徳島河川国道事務所が整備を進めている一般国道55号阿南道路の延伸工事で、津乃峰町西分から橘町大浦までの延長1.7km(暫定2車線)の道路整備工事、および国道195号との接続道路の整備工事がこのほど完了し、11月2日(土)午前3時に開通することになりました。開通に先立ち、同日午前11時から、津乃峰町西分の大谷山トンネル起点付近で開通セレモニーが行われ、餅投げなどで開通を祝う予定です。
 一般国道55号阿南道路は、小松島市から阿南市における交通渋滞の緩和及び交通安全の確保を目的とした延長18.4kmの道路です。昭和48年度に事業着手され、昭和57年度から用地買収、昭和62年度から工事に着手し、現在、小松島市大林町森ノ本から阿南市津乃峰町西分までの15.5kmにおいて供用開始しています。橘町大浦までの1.7kmが開通すれば、残りは橘町青木までの1.2kmとなります。
 今回開通する区間の道路は2車線(暫定)で、設計速度は60km。周辺道路における交通が分散し、国道55号現道などの安全性の向上が期待されます。徳島河川国道事務所では、交通混雑の緩和等に向け、引き続き、那賀川大橋付近の暫定2車線供用中区間(阿南市那賀川町中島~阿南市西路見町江川間L=2.1km)の4車線化等を推進していくこととしており、市民の皆さんへの理解と協力を呼びかけています。

(vol.1246)

 

 

阿南ふるさと大使・武知実波さん
新聞・雑誌・大学広報の取材に引っ張りだこ (10月24日)

     
10-420.jpg

 世界に羽ばたく『阿南ふるさと大使』―。
 大きな見出しで徳島大学の広報誌「とくtalk」で紹介されているのが、大学生プロサーファーの武知実波さん(20歳・桑野町)。文武両道を掲げ、世界ツアーに参戦する傍ら、国立大初のサーフィンクラブを立ち上げるなど、サーフィンライフを謳歌する彼女の輝きを、新聞、雑誌(サーフィン専門誌)が大きく取り上げています。「阿南ふるさと大使」として紹介されているのもうれしいですね。広報あなん9月号でも、その活躍ぶりを大きく紹介させていただきました。
 愛用のサーフボードに「市章」ステーカーを貼って大会に出場する姿は、まさに阿南市の誇り。「表彰台の一番高い所でロゴマーク旗を掲げ、世界の海から阿南市をPRしたい。今後もこうして取り上げていただけるよう、より一層邁進してまいりたいと思いますのでよろしくお願いします。」と、夢と努力を重ねる武知さん。日本サーフィン界のホープがエースになる日は、そう遠くないようです。

(vol.1245)

10-421.jpg 10-422.jpg 10-423.jpg

お問い合わせ

企画部 秘書広報課
TEL:0884-22-1110

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード