ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防接種の積極的な勧奨を差し控えています

公開日 2013年06月18日

○ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防接種の接種後に、予防接種との因果関係が否定できない痛みが見られたため、この副反応の発生頻度等がより明らかになり、適切な情報提供ができるまでの間、接種を積極的に勧めることを控えるよう、別添のとおり厚生労働省より通知がありました。
子宮頸がん勧奨差し控え通知.pdf(68.8KBytes)



○このため、阿南市においても接種対象者に対して、予防接種を積極的にお勧めすることを差し控えることとしました。

○ただし、中止ではありませんので接種対象者(中学1年生~高校1年生)のうち、接種を希望される方は定期予防接種として接種することができますが、リーフレットを読み、予防接種の有効性及びリスクを十分理解した上で接種してください。
リーフレット.pdf(1.35MBytes)
※予防接種の接種方法についてはこちら


○すでに1回目、または2回目を接種されている方は、残りの接種回数等について、今後、厚生労働省より方向性が示される予定です。




今後の動向については、情報が入り次第、ホームページ等でお知らせしていきます。



 

徳島県: 「子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルスワクチン)の接種について」
厚生労働省: 「ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について(勧告)」

お問い合わせ

保健福祉部 保健センター
TEL:0884-22-1590

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード