本人確認の実施について

公開日 2012年04月29日

 不正な交付申請による証明書の取得を防止し、市民の皆様の大切な個人情報を保護するため、平成23年4月1日から窓口に来られた方の本人確認を実施しています。

 皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

■対象となる証明

〇所得(課税)証明書 〇評価証明書
〇公課証明書 〇納税証明書
〇軽自動車税納税証明書(継続検査用) 〇その他の税務証明書

 

 

■本人確認書類

 

◆運転免許証 ◆健康保険被保険者証 ◆住民基本台帳カード
◆各種年金証書(手帳) ◆旅券(パスポート) ◆生活保護受給者証
◆外国人登録証明書 ◆介護保険被保険者証 ◆身体障碍者手帳
◆療育手帳 ◆宅地建物取引主任者証
◆その他公の機関が発行した資格証明書又はそれに準ずるもの

 

 

■本人確認の方法

 

 税務証明請求の際に、窓口に来られた方の本人確認ができる書類を提示してください。

  • 代理人が申請される場合
     代理人の本人確認ができる書類とともに、委任状(原本)もしくは必要な方の印鑑をご持参ください。
  • 相続人が申請される場合
     窓口に来られた方の本人確認ができる書類とともに、戸籍謄本等本人との関係が分かる書類を添付してください。
  • 法人の証明が必要な場合
     窓口に来られた方の本人確認ができる書類とともに、委任状(原本で代表者印の押印があるもの)もくしは代表者印が必要です。

 

 ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

関連ワード

お問い合わせ

総務部 税務課
TEL:0884-22-1114