戸籍、住民票などの請求

公開日 2015年11月06日

戸籍全部事項証明(謄本)、個人事項証明(抄本)及び戸籍附票の写しの交付

 

戸籍とは・・・

 

戸籍は、個人の身分関係を明らかにする大切な公簿です。赤ちゃんが生まれたとき、結婚したときなど、人生の様々な変動を記録します。戸籍の全部事項証明 (謄本)は、その戸籍に記録されている事項の全部を証明したもので、個人事項証明(抄本)は戸籍中の一部の方について記録されている事項を証明したもので す。

 

戸籍全部事項証明(謄本)、個人事項証明(抄本)の発行

 

阿南市に本籍がある人は市役所市民生活課、各支所及び各住民センター並びに連絡所で交付申請の手続ができます。戸籍に記載されている方またはその配偶者、直系尊属若しくは直系卑属以外の方が請求される場合には請求資格、正当な理由等が必要となりますので注意してください。なお請求の際には請求者の本人 確認を行います。また代理請求の場合は委任状が必要となります。 戸籍の閲覧は本人、他人を問わずできません。

 

戸籍謄本(抄本)等の郵便請求について

 

戸籍謄本(抄本)等、戸籍附票、身分証明書は郵便で請求することができます。
電話、ファクシミリ、メールでの受付はできませんので、必ず、郵便で請求してください。

 

取り寄せ方法(阿南市に本籍がある方)

 

下記の書類(1請求用紙・2手数料・3返信用封筒・4本人確認書類の写し〔運転免許証、保険証等、請求者が必要戸籍に記載がないときは関係のわかる戸籍等の写し〕)を封筒に入れて、阿南市役所市民生活課まで送付してください。

 

 

1 請求用紙

このホームページ上の戸籍郵送用請求書.pdf(133KB)をダウンロードして、必要事項を記入してください。

この戸籍等郵送用請求書を印刷できない場合は、便せんなどの用紙に次のことを記入してください。

 

    ・請求者の住所、氏名、押印、生年月日、昼間連絡が取れる電話番号

    ・必要な人の戸籍の本籍地、筆頭者氏名、必要な人の氏名

    ・請求者と必要な人との関係

    ・必要な証明書の種類と通数

    ・使用目的

    ・提出先

※請求書に不備な点がありますと、交付が遅れたり、返却させていただく場合がありますのでご注意ください。
不明な点がある場合、市役所市民生活課から電話で確認することがありますので、必ず電話番号をご記入ください。

 

2 手数料

 

必要通数分の金額の定額小為替又は普通為替(ゆうちょ銀行又は郵便局で購入)を送付してください。現金の場合は現金書留をご利用ください。 

切手での支払いはできません。
手数料は、手数料一覧.pdf(45.7KBytes)で確認してください。手数料は市町村によって金額が異なる場合もあります。
    

        

(例)阿南市

 

戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)1通450円

戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)1通450円

除籍謄本(除籍全部事項証明書)1通750円

戸籍附票           1通350円

身分証明書          1通350円

 

 

 

3 返信用封筒

 

封筒に請求者の住所、氏名を記入し、切手を貼ってください。
返送先は、請求者の住所地(住民登録地)となります。
お急ぎの場合は、速達料金を貼付してください。
(郵送料82円(重量により異なります。)+速達料280円=362円)
簡易書留をご希望の場合は、郵送料(切手)に加えて310円切手を貼り、「簡易書留」と赤字で書いてください。

書留を利用されない場合、郵便事故による不着の責任は負いかねますので、あらかじめご了承ください。 

 

 

4 本人確認書類の写し

 

* 請求される方の本人確認のため、返送先が確認できる書類(運転免許証、保険証等)の写しを同封してください。
* 請求者の名前が必要戸籍に記載されていない場合、関係のわかる戸籍等の写しを添付してください。


【注意事項】
*個人番号付書類の提出不可。

* 郵便での請求は、往復の配達日数と市役所で若干の処理日数が必要ですので、通常は1週間くらいかかります。

  余裕をもって請求してください。
* 請求者が代理人である場合は、委任者が自署押印した委任状が必要です。
* 偽りその他不正な手段によって、戸籍謄本等の交付を受けた場合は30万円以下 の罰金に処せられます。

  (戸籍法第133条) 

 

 

【請求先】
    〒774-8501
   徳島県阿南市富岡町トノ町12-3
   阿南市役所  市民生活課  
   ☎ 0884-22-1116

 

書類.png

 

 

住民基本台帳

 

住民基本台帳とは・・・

市内に住んでいる人は、住民基本台帳に登録されます。この台帳は世帯を単位とする住民票でつくられており、住所、氏名、生年月日、本籍、住民となった日を始め選挙人名簿の登録、国民健康保険及び国民年金の資格などが記されています。

 

住民票の写しの発行

 

  1. 住民票の写し等の請求の際には、戸籍の請求手続と同様に本人確認を行います。
  2. 代理人や使者については、委任状など代理権限を確認できる書面が必要となります。
  3. 理由を明示することなく住民票の写し等を請求できるのは、本人又は同じ世帯の者に限られます。
  4. 個人情報あるいはプライバシーを保護するため、本籍地や世帯主との続柄などの表示を省略することもできます。
  5. 手数料 1通 350円

 

Q&A

 

質問

住所と本籍はどう違うの

 

答え

住所は生活を営んでいる場所をさします。
本籍は、身分事項(出生や婚姻などの内容を示したもの)を登録している場所をさします。

 


 

質問

世帯主と筆頭者はどう違うの

 

答え

世帯主は、住民票での表現で、生計を一つにする世帯の代表者。世帯主が抜けると新しい世帯主を決める必要があります。
筆頭者は、戸籍での表現で、戸籍の一番最初に書かれた人のこと。筆頭者は死亡等で戸籍から除かれても変わることはありません。

お問い合わせ

市民部 市民生活課
TEL:0884-22-1116

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード