可燃ごみ袋の透明化に関するQ&A

公開日 2012年03月08日

 阿南市では、次の理由で可燃ごみに関しても、無色の「透明ポリ袋」を使用することになりました。市民の皆様のご理解とご協力をお願いします。

 

  1. 正しい分別により、資源物の混入を防ぐとともに、分別する意識を高めていただくことで、ごみの減量・再資源化を進めることができます。
  2. 作業中のケガや事故を防ぎ、収集作業を安全に進めることができます。

 

 

   可燃ごみの「透明ポリ袋」化の完全実施は、いつからですか。

   可燃ごみを「半透明ポリ袋」で出せるのはいつまでですか。

   なぜ、「透明ポリ袋」で出さなければならないのですか。

   なぜ、「半透明ポリ袋」、色の付いた「透明ポリ袋」はだめなのですか。

   見られたくないごみは、どうすればよいのですか。

   内袋にはどんなものが使えますか。

   中身が見える「透明ポリ袋」は、プライバシーの侵害ではないですか。

   スーパーマーケット等のレジ袋は使ってもよいのですか。

   カラスや小動物がごみを荒らしにくるのですが、どうしたらいいのですか。

   半透明袋が多量に残ってしまいます、どうすればよいのですか。

   使用する「透明ポリ袋」の大きさは、どのくらいがよいのですか。 

   半透明の大きいサイズ(容量45リットル以上)は、実施後も使用できますか。

 

 

 

 

                                                                                                                                                                                                                                       

 

 

 

                                                                                                       

 

 

 

:可燃ごみの「透明ポリ袋」化の完全実施は、いつからですか。                                                                

 

  • 平成24(2012)年4月1日からです。

 

 

 

 

 

:可燃ごみを「半透明ポリ袋」で出せるのはいつまでですか。                                                                  

 

  • 平成24(2012)年3月31日までです。

 

 

 

 

 

:なぜ、「透明ポリ袋」で出さなければならないのですか。                                                                      

 

  • 市販されている「半透明ポリ袋」は多種で、不透明に近いものもあるため、収集作業中に内容物の見分けが困難となり、分別の確認と作業員の安全が図れません。

 

 

 

 

 

:なぜ、「半透明ポリ袋」、色の付いた「透明ポリ袋」はだめなのですか。                                                        

 

  • :収集作業中、内容物が見えづらい袋では、分別の確認及び危険物の見分けができず、作業員の安全が図れません。袋を透明にし、内容物を確認しやすくすることで、分別の推進と安全性を確保しようとするものです。

 

 

 

 

 

:見られたくないごみは、どうすればよいのですか。                                                                                 

 

  • 新聞紙やレジ袋等で小さく包んで「透明ポリ袋」に入れてください。
      ただし、内袋や紙で袋の中全体を覆い隠すと中が見えませんので、内袋の使用は最小限にしてください。

 

 

 

 

 

:内袋にはどんなものが使えますか。                                                                                                    

 

  • :紙袋、レジ袋、台所で使用する小さいポリ袋等が使えます。
      ただし、内袋や紙で袋の中全体を覆い隠すと中が見えませんので、内袋の使用は最小限にしてください。

 

 

 

 

 

:中身が見える「透明ポリ袋」は、プライバシーの侵害ではないですか。                                                       

 

  • :新聞紙やレジ袋等を内袋として使用することで、プライバシーが適切に保護できると考えています。

 

 

 

 

 

:スーパーマーケット等のレジ袋は使ってもよいのですか。                                                                        

 

  • 内袋として、最小限での使用は可能です。
      もし不要な場合には、プラスチック製容器包装としてお出しください。ごみ減量化のため、エコバッグ、マイバッグの使用にご協力ください。

 

 

 

 

 

:カラスや小動物がごみを荒らしにくるのですが、どうしたらいいのですか。                                                   

 

  • :対策としては、各家庭で次の手段を講じてください。
      ・ 水気、臭気のあるものは、内袋を使用し、しっかり結びごみ袋の中央へ入れ見えなくする。
      ・ カラスよけネットやコンテナボックスを使用する。

 

 

 

 

 

:半透明袋が多量に残ってしまいます、どうすればよいのですか。                                                               

 

  • :試行期間中にできるだけ使い切ってください。
      平成24(2012)年4月1日からは、プラスチック製容器包装としてお出しください。

 

 

 

 

 

 Q:使用する「透明ポリ袋」の大きさは、どのくらいがよいのですか。                          

 

  • 標準的な大きさ(容量)は45リットルですが、それよりも小さい透明ポリ袋も使用できます。なお、ごみの重さは1袋5キログラム程度にしてください。

 

 

 

 

 

 :半透明の大きいサイズ(容量45リットル以上)は、実施後も使用できますか。                   

 

  • A:透明化は袋の容量、大小に関わらず実施いたしますので、半透明袋は使用できません。

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

 

 

お問い合わせ

環境管理部 環境管理課
TEL:0884-22-3794