牛岐城趾館ご利用について

公開日 2011年02月16日

牛岐城趾館(旧称:牛岐城趾公園産業展示館)は、どなたでもご利用できます。

 

 

1階

展示室(スポット照明、パネル利用可)

史跡保存スペース(牛岐城の石垣遺構)

2階 トイレ
3階

展望室

 ※阿南市内を一望できます。

 

展示室のご利用の場合は、申請が必要です。

 

 

開館時間 午前10時から午後6時まで

 

入館料   無料

 

休館日  毎週月曜日、年末年始

 

所在地  阿南市富岡町トノ町24番地3

 

※ 展望室、史跡保存スペースを見学の際は、牛岐城趾公園管理事務所(0884-24-9002)へお申し出ください。

 

 


 

 

牛岐城(のちの富岡城)の石垣遺構

 

 富岡の地は、かつて「牛岐」といわれ、阿波守護細川氏の家臣の新開氏が領主となっていましたが、

天正10年(1582年)、土佐の長宗我部元親が四国平定の目的のため、阿波国へ攻め入り、

時の牛岐城主、新開遠江守実綱を丈六寺で謀殺。これにより、新開氏は滅亡しました。

 天正13年(1585年)豊臣秀吉の四国進攻により、蜂須賀家政が阿波国に入り、賀島主水正政慶

に南方の総押さえとして、これを守らせました。

 牛岐城もこのときに阿波九城の一つとして、整備され、富岡城と呼ばれるようになりました。

 しかし、元和元年(1615年)の1国1城令により、徳島城以外の城は廃止されることになり、

他の城とともに取り壊されました。

 今も残る野面積の石垣の一部に往時の姿をしのぶことができます。

 

地図

牛岐城趾館

お問い合わせ

市民部 文化振興課
TEL:0884-22-1798