市長通信-お元気ですか

2017年1月27日

2017年

 


●市長通信 お元気ですか バックナンバー

 

1月 新年と新庁舎に願いを込めて

明けましておめでとうございます。

今年一年が市民の皆さまにとりまして、幸多き年となりますようお祈り申し上げます。「一年の計は元旦にあり」。この言葉の出典は中国明代の馮應京(ひょうおうきょう)の「月令広義」が有力とされていますが、日本の文献の早いものでは、江戸時代中期の風来山人の「風流志道軒伝」に、「一日の計(はかりごと)は朝にあり、一年の計は元日にあり」を古人の詞(ことば)として引用しています。北半球において、日本はロシアの極東地帯に次いで初日の出を仰ぐことができます。しかし、今年の日の出は、世界を未踏の境地へ進めるものかもしれないと言われています。もちろん、今月就任するアメリカ新大統領の動向です。トランプ大統領がジョーカーだけは切らないように祈りたいものです。コロンブスがアメリカ大陸を発見したのは、1492年。その9年前、日本では銀閣寺が完成していました。新年にあたり、長い歴史と文化で育った私たち日本人は、いかなる状況でも英知を持って、泰然として、新たな歴史を作っていかなければならないと思っております。
さて、本年3月には待望久しい新庁舎が、全面的に落成いたします。
直近の調査では、全国813の特別区、市の本庁舎のうち、約3割強が耐震基準を満たしていません。昨年の熊本地震では、宇土市や八代市などの庁舎が損壊し、使用できなくなったため、行政機能がストップしてしまいました。特に築51年の宇土市役所は、建物のほとんどが押しつぶされました。役場の機能が止まると、災害対策本部や復旧復興の司令塔がなく、被災者が支援を受ける際に必要な罹災(りさい)証明書の発行に大きな混乱が起きました。
今度の阿南市役所新庁舎は、市民を守る防災拠点としての機能を備えています。
 1  建物本体に地震動の入力を抑える強力な免震構造を採用
 2  1500本の地盤改良砂杭打設による液状化対策
 3  自家発電システム採用により、3日間、通常業務が可能
 4  津波対策として、各玄関口に防潮扉を設置
 5  低層棟吹抜け空間の一階フロアを一時避難スペースとして市民に開放など
大規模災害時でも業務が続けられ、市民を災害から守る強力な砦となります。
市民に愛され、市民を守る、新庁舎の完成を楽しみにしていてください。

阿南市長 岩浅 嘉仁

初代庁舎 旧庁舎 新庁舎完成予想図
初代庁舎 旧庁舎 新庁舎完成予想図
    ▲目次に戻る

2月 SOLVAY ソルベイ・スペシャルケム・ジャパン株式会社

昨年末から世界的に不透明で、暗いニュースが続いてきましたが、今月号の市長通信は、本市にとって明るいニュースを一つお伝えします。
市民の皆さまは、大潟新浜工業団地に立地している阿南化成株式会社をご存じでしょうか。この会社は平成元(1989)年1月に操業を開始したベルギーに本社を置くグローバル総合化学メーカー「ソルベイ」のグループ会社です。「ソルベイ」は、1863年にエルネスト・ソルベイ卿が設立し、現在、世界53カ国、145工場、21研究開発拠点、従業員約3万人を抱える大企業です。150年以上の歴史をもつ名門グループで、阿南工場では、レア・アースを主体とした、自動車排ガス浄化用触媒の材料を世界に供給しています。この阿南化成株式会社が本年1月1日をもって、社名を「ソルベイ・スペシャルケム・ジャパン株式会社」に変更し、名実共に世界的名称を冠する企業となりました。本市には日亜化学工業株式会社をはじめ、多くの優良な企業が立地しています。今回、「ソルベイ・スペシャルケム・ジャパン株式会社」に加わっていただき、世界的にも阿南市の知名度が上がっていくものと確信しています。
掲載写真の前列左から3人目の白ひげの紳士が、「ソルベイ」創始者のエルネスト・ソルベイ氏です。彼は子どもの頃から病弱のため大学へ行くことができず、21歳の時に叔父の化学工場で働き始めました。1861年、ソルベイ法という画期的な発明をし、特許を取得。莫大な利益をもたらし、その収入を慈善事業のために使いました。ブリュッセル大学の一部に「ソルベイ・ビジネススクール」を設立し、後進の育成にも貢献。晩年にはベルギーの国務大臣にも就任しました。
なお、写真前列右から2人目で肘をついている女性がノーベル賞を2回受賞したキュリー夫人、後列右から2人目の男性がノーベル物理学賞を受賞したアインシュタイン氏です。当時の世界の英知が結集しています。
今日の化学の歴史を築いてきた名門企業が、私たちの阿南市に立地していただいていることは、子どもたちの大きな夢につながる貴重な財産だと思います。

阿南市長 岩浅 嘉仁

第1回ソルベイ会議(1911年)

    第1回ソルベイ会議(1911年)

▲目次に戻る

お問い合わせ

秘書広報課
電話:0884-22-1110