市長通信-お元気ですか

公開日 2017年02月24日

2018年

 


●市長通信 お元気ですか バックナンバー

 

1月 60歳、還暦の阿南 先人の労苦に想いをはせて

新年おめでとうございます。市民の皆さまの今年一年のご健勝とご多幸をお祈りしながら、本年最初の市長通信の筆を執らせていただきます。
さて、今年は阿南市が誕生して60年を迎えます。昭和33年5月1日に当時の富岡、橘の2町が合併し、県下で4番目の市として産声を上げました。この年は、大相撲が現在の6場所制へ変更、パリのエッフェル塔をしのぐ世界一高い東京タワーが完成しました。また、11月には皇太子殿下と正田美智子様の婚約が発表され、初めて民間出身の皇太子妃殿下が生まれることや軽井沢のテニスコートのロマンスなど、ミッチー・ブームが国中を席巻し、国民が明るい時代の到来を意識しました。
しかし、私たちの阿南市は過酷な船出でした。困難な財政事情のもとで、新しい市としての基礎固めに専念しなければなりませんでした。阿南市は、合併前の富岡、橘両町から引き継ぐ形で、「地方財政再建促進特別措置法」の適用を受け、新市発足時から財政再建に取り組み、昭和40年度にようやく過去の赤字を解消するに至りました。その途上、昭和38年には新産業都市の指定を受け、20年間に約500社の企業関係者が視察に訪れています。初代阿南市長の沢田 紋(あや)氏は三木武夫元首相とも昵懇(じっこん)で、阿南高専誘致や工場立地を依頼しており、三木元首相が、本田技研工業株式会社創業者の本田宗一郎氏を橘湾へ招き工場誘致の協力を要請した歴史もありました。
以来、旧阿南市、那賀川町、羽ノ浦町の先人の努力が、今日の本市の隆盛につながっています。
市制施行60周年の意義は、過去の歩みを顧み、その苦難の道程を今一度思い出すとともに、来たるべき次の世代に今日までの歩みをどう生かしていくかにあると思います。「温故知新」…。過去と現在をいきいきと結びつけることができてこそ人の師になれると孔子ははっきりと言いきっています。
本年が、明日の阿南市を見つめられる良い年になりますよう期待したいと思います。

阿南市長 岩浅 嘉仁

    ▲目次に戻る

お問い合わせ

企画部 秘書広報課
TEL:0884-22-1110