市長通信-お元気ですか

公開日 2017年02月24日

2019年

 

 


●市長通信 お元気ですか バックナンバー

 

1月 新時代に立ち向かう

明けましておめでとうございます。
今年、私たちは2つの元号を生きることになります。それぞれの生涯でも感慨の深い年になることでしょう。
昨年末には、2025年の大阪万国博覧会が決定するという吉報がありました。前回は、1970年、「人類の進歩と調和」をメーンテーマに、3月15日から6カ月間(183日間)で、6421万8770人という史上最高の入場者を集め「経済大国日本」を世界へアピールしました。
私は、次回の万博は、前回以上の大きな意義があると確信しています。それは、2020年の東京オリンピックに向けて東京一極集中がますます加速され、東京首都圏とそれ以外の地域へと、日本の国が大きく2分された、いびつな現状を打破する可能性が生まれるのではないかと思っているからです。
東京と大阪の2眼レフの構造が構築されない限り、国土の均衡が保たれません。かつて、阪急の創始者 小林一三は、「政治の都・東京に対して、大阪は民衆の大都会」との至言を残しています。
今、東京圏3661万人(東京都1384万人、神奈川県917万人、千葉県626万人、埼玉県732万人)、大阪圏1823万人(大阪府882万人、京都府259万人、兵庫県548万人、奈良県134万人)。人口においてもこれだけの格差がありますが、政治は東京、経済は大阪と都市の役割を分担できれば、日本は生き残っていけるのではと考えます。
東京一極集中の加速は地方の余力を奪います。2014年に日本創成会議から、そう遠くない将来、全国の市区町村の半数896自治体が消滅するという衝撃的な発表がなされました。
大阪は、東京以上に個性に富んだ都市です。この街にはいくつもの形容詞があります。水の都、八百八橋、天下の台所、東洋のマンチェスター、本音の町、梅の都、商都、食い倒れの町、値引きの大阪…。画一化された人工都市・東京にはこれだけの形容詞はありません。
大阪圏の復活が、今後の日本の成長戦略に大きな影響を与えることになると思います。

阿南市長 岩浅 嘉仁

    ▲目次に戻る

2月 阿南の新成人は素晴らしい‼

今年、元日時点の新成人は全国で125万人(男性64万人、女性61万人)と、2年ぶりに増加しましたが、1968年に全国統計を始めてから最も多かった1970年の246万人の約半分、総人口に占める割合も0.99%と9年連続で1%を割り込んでいます。
3年後の2022年度から、成人の年齢が18歳に引き下げられますが、65歳以上の高齢者が現在約3500万人いる事を考えますと、少子化の現実が重くのしかかってきます。
そんな中、去る1月13日、平成31年阿南市成人式が行われました。
今年は、市民会館が休館のため、スポーツ総合センターで開催されました。当日の天気や駐車場の問題等心配な点もありましたが、実に整然として立派な式典となりました。来賓の方々からも「新成人は礼儀正しく本当に素晴らしい」と高い評価をいただきました。彼らを育てていただいた保護者の方々や恩師の教えの賜物だと感じる、厳粛で思い出に残る式典となりました。
新成人が生まれた平成10年は、本州と淡路島を結ぶ徳島県民の悲願であった明石海峡大橋が開通した年でした。全長3,911メートル。当初は強風や早い潮流、軟弱な地盤など厳しい自然条件から、実現不可能とも言われた大橋が、約10年の難工事を経て見事に完成しました。今年の新成人は、これからの人生、いかなる困難にも立ち向かい、歩を進めていく力強い星の下に生まれているのかもしれません。
私は彼らに、2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村 智先生の言葉を紹介しました。先生は、山梨県北巨摩郡神山村(今の韮崎市)の農家に、5人兄弟の2番目の長男として生まれ、家業の農業に従事していたため、高校卒業まで勉強はほとんどしていませんでした。山梨大学卒業後、定時制高校の教師として5年間勤務。そこで学業に熱心に励む高校生に心打たれ、東京理科大学等の研究室に進み、努力を続けた学者ですが、「ノーベル賞をもらった人は日本に25人(当時)いるが、多くは田舎で子ども時代を過ごしている。子どもを本当にしっかり育てるには田舎の方が良い」と語っています。阿南は田舎かもしれませんが、それだけに新成人には大きな可能性があるんだと自信を持って欲しいと激励しました。阿南の新成人がそれぞれの夢をかなえることを期待したいと思います。

阿南市長 岩浅 嘉仁

    ▲目次に戻る

3月 新野高校に感謝し、富岡西高校の健闘を祈る!

私たちの阿南市から甲子園出場は、新野高校を嚆矢(こうし)とします。平成4年(1922年)、第64回春の大会に同校が創部42年目で悲願の初出場。市民を一つにして、阿南市に大きな希望の光をもたらしました。1回戦で古豪・横浜高校に7対3で勝利。この時の感動、感激は今でも語り継がれているほどの快挙でした。2回戦は三重高校に3対1で惜しくも敗れました。
そして、平成8年(1996年)、第78回夏の大会に出場。次から次へとヒットが続く「タケノコ打線」「ミラクル新野」「監督の力量」と評されながら、1回戦を2対0で日大山形に勝利。2回戦も強敵・明徳義塾に4対3で競り勝ちましたが、3回戦では伝統校・松山商業に8対2で敗れました。本県で甲子園に2度以上出場し、勝ち越しているのは、池田・鳴門・新野の3校だけです。
過去に、阿南市民と徳島県民の期待を背負って戦った新野高校の5回の戦歴が、今回の富岡西高校の出場につながったことを忘れてはなりません。
さて、富岡西高校野球部は、県内では2番目に古い創部で、実に120年目にして初出場を果たしました。この間、2001年、2008年にも21世紀枠の四国地区推薦校に選ばれながら、春は訪れず、まさに三度目の正直で今回の決定となりました。
私が富岡西高校野球部に誇りが持てるのは、ほとんどの選手が阿南市を中心とする県南の子どもたちだからです。地元の少年が、地元の少年野球チームを通して成長し、地元高校で技術を磨き、地元愛を胸にいだいて、全国のチームと対戦することにあると思います。今後、今回の富西出場により、県南の子どもたちが地元の高校に進学し、青春の底力を甲子園で発揮する端緒(たんしょ)になればと祈っております。
最後に、新野高校は今春から阿南光高校として、新しいスタートを切ります。ふるさと阿南のために大きな貢献を続けてきた新野高校に、心より感謝し、「新野高校よ、ありがとう。富西頑張れ!」と叫び、筆を置きます。

阿南市長 岩浅 嘉仁

    ▲目次に戻る

 

お問い合わせ

企画部 秘書広報課
TEL:0884-22-1110
FAX:0884-22-4090