教育研究所

公開日 2010年10月29日

概要

 

阿南市教育研究所は「教育に関する専門的、技術的事項の研究」「教育関係職員の研究修養」のために設置され、次のようなことを行っています。

 

業務内容

 

教育研究活動の推進と援助に関する事業

◇市内の幼稚園・小学校・中学校に研究委託をし、その論文を「研究紀要」として編集発行しています。
また、教育研究論文の募集を市内の教職員対象に行い、応募論文を審査し、優秀論文を「研究紀要」に発表しています。  調査結果、教育研究所に関する資料等の作成と配布・研究機関との資料・情報交換も行っています。
◇「わたしたちの阿南市」を隔年に改訂・発行・配布しています。「わたしたちの阿南市」は小学校3・4年生が社会科で学習するための副読本です。
◇中学校英語教育の充実と小学校外国語活動の推進のために英語指導助手(ALT)や英語指導補助員の小・中学校訪問に関する事業の推進と援助を行っています。また、市内の保育所・幼稚園にもALTを派遣し、外国人とふれあう機会をもっています。

 

調査・研究・指導に関する事業

◇教育支援・通級指導・英語教育等などの調査を行っています。  また、教職員の研究・修養のために主に8月に次のような講習会・研修会を開いています。
<書写実技講習会・教育講演会(教育会)・ 外国語活動研修会>
年間を通じては、<適応指導連絡協議会(年3回)・市教育支援委員会(年3回)>を開き、それぞれの問題に対し、連絡を取り、研究し、よりよく対応できるように努めています。
◇長期休業日には、<植物標本作成会と採集標本名付け会>・<夏休み子ども英語教室・冬休み小学生英語教室>を開いています。「植物標本作成会・採集標本名付け会」は、市内の小中学生を対象に夏休みに開催しています。植物標本の作り方や、植物の名前・作りなどについて学ぶことができます。「夏休み子ども英語教室」は市内の5歳児・小学生が対象です。毎年たくさんの参加者があり、英語を使ってALTと楽しく活動をしています。
◇教育相談並びに教育支援も行っています。  県教委特別支援教育課、総合教育センター特別支援・相談課における教育相談等に関する事務や阿南市教育支援事務、通級指導教室に関する事務(ことばの教室等への入退級事務)を行っています。

 

不登校問題適応指導事業の推進

◇不登校児童生徒の実態調査、教育相談活動、適応指導教室業務、体験活動事業、なども行っています。「ふれあい学級」という教室を設置し、登校しにくい子どもたちを支援しています。また、そういったことでお悩みの保護者の皆さんのお気持ちを軽くできればと、一緒にお子様のことを考えるための「はぐくみ座談会」も月に一度行っています。ふれあい学級は、阿南市社会福祉会館4階にあります。

市史編纂事業の推進

◇市史編纂室では市史第六巻(羽ノ浦近現代編)の執筆、編纂にむけて、計画立案と資料収集、文献・資料の収集をし、執筆中です。文献・資料の整理、史跡・文書等の調査研究等を行っています。「古文書を読む会」を年に六回開催しています。市史編纂室は阿南図書館にあります。

お問い合わせ

企画部