平成19年度決算概況と平成20年度財政事情のあらまし

公開日 2008年10月01日

  阿南市財政事情の公表に関する条例第2条の規定に基づき、平成19年度決算概況及び平成20年度予算に係る財政事情をここに公表します。

 

平成20年10月1日 
阿南市長 岩浅 嘉仁

 

財政事情の公表にあたって


  平成19年度一般会計の決算概況につきましては、市民の皆様をはじめ関係各方面のご協力をいただきながら、激変緩和と合併効果の発揮による効率化との均衡をはかりつつ長期的視野での予算の編成・執行に努めた結果、13億9千万円余りの黒字の決算見込みとなりました。各特別会計の決算概況等につきましても、別添PDFのとおりとなっており、併せて公表いたします。なお、各会計の決算については、議会の承認を得て確定します。  
  本市をめぐる財政状況につきましては、財政構造の硬直化を示す指標である経常収支比率が80.5%となっており、義務的経費や経常経費の割合がやや高くなっています。また、普通交付税につきましては、平成13年度から不交付団体となっていましたが、平成20年度は交付団体となりました。なお、合併の特例措置により、旧那賀川町、旧羽ノ浦町分はこれまでどおり交付されることになっておりますので、当面の財政運営に影響はないものと考えております。  
  こうしたなか、平成20年度予算の執行に当たりましては、限られた財源を重点的・効率的に配分することにより、厳しい状況ではありますが、市民サービスの低下を招かぬよう引き続き慎重な財政運営をはかり、財政の健全化に努めてまいりたいと考えております。

 

注1)経常収支比率…財政構造の弾力性を測定する比率として使われている指標で、この比率が低いほど新たな行政需要に弾力的に対応でき、財政構造に弾力性があると判断されています。
注2)経常経費…人件費、扶助費、公債費、物件費、補助費等、維持補修費など

 

平成19年度決算概況及び平成20年度予算に係る財政事情

関連ワード

お問い合わせ

総務部 財政課
TEL:0884-22-1113

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード